昭和

生地

若い頃の紅花染め

米沢の紅花染め……若い頃に着ていた華やかな色のきものや袴、スカーフなどをご紹介します。

紅花紬と鳥文様の帯

紅花染めとその歴史、新田秀次・英行親子の紅花紬、鳥文様の帯などをご紹介します。

羽織・コート

刺し子刺繍の訪問着と加賀友禅のコート

1月上旬、刺し子刺繍のきものを着て歌舞伎を楽しみました。鬘帯縞文の帯と、加賀友禅の道行きコートも一緒に取り上げます。

着物用小物 羽織・コート

羽織と手拭い

羽織は訪問先でも脱がなくて済むのが楽ですね。今日は「羽織」と、「手拭い」のお話です。

生地

郡上紬

岐阜県で作られている郡上紬(ぐじょうつむぎ)をご紹介します。

イベント訪問

葡萄唐草文様の色留袖と帯

葡萄唐草文様の色留袖と唐織の帯を取り上げます。

鎌倉芳太郎の帯

シミがついたため、やむなくリメイクした型絵染作家・鎌倉芳太郎の帯についてご紹介します

コーディネート/着方

まだまだ赤系のきものを着たい!

お気に入りのきものはいくつになっても着たいですね。『50代でも赤系のきものを着られる?』の第二弾です

生地

上布のきものとパナマの草履

上布のきものと昭和のパナマ草履のご紹介です

お勉強

歌舞伎役者の寄せ書き日の丸 その2

先週に続き歌舞伎俳優による「寄せ書きの日の丸」を取り上げます。

お勉強

歌舞伎俳優の寄せ書き日の丸 その1

戦前/戦中の歌舞伎俳優による寄せ書き日の丸をご紹介します

生地

「透けない夏きもの」と「デルフト陶器の帯留」

単衣のきものと、母のブローチ帯留の紹介です。

Copyright© きものを着たい! , 2019 All Rights Reserved.