昭和

お直し/リメイク

形を変えて受け継がれるきもの

きものは子や孫の代まで着ることができますが、そのままではなく、形を変えて受け継がれていくこともあります。今日はきものの先輩方の例を挙げて考えたいと思います。

着物用小物

クラッチバッグを考える その1

今日はきもの姿をエレガントに見せるクラッチバッグを取り上げます。

続々・テーマのある名古屋帯

能のかぶりものを描いた名古屋帯シリーズ、最後の今日は鳥兜(とりかぶと)の帯を取り上げます。

コーディネート/着方

紬の付下げ

今日は植物「羊歯(シダ)」模様の紬の付下げを取り上げます。
付け下げは、着た時に柄が全部上向きになるように模様が付けられたきもののことです。
一般的に付下げはやわらかい先染めのきものですが、今日ご紹介するのは、紬の白生地を染めて、付下げのような模様を施したおしゃれ着です。

生地

辻が花の訪問着

今日は若い頃から愛用しているお洒落着感覚の訪問着をご紹介します。

作者/作家

無地の綴れ帯 ~小合友之助と伊達静~

帯合わせに悩んだ時に頼りになる無地の綴れ帯をご紹介します。

生地

久留米絣のコート

久留米絣でコートを仕立ててもらいました。丈夫で気楽に着られる優れものです。

生地

久留米絣を楽しむ ~松枝玉記の絣~

木綿絣の代表格である久留米絣を取り上げます。

コーディネート/着方

きものを上手に着ているように見せるコツ

きものを上手く着ているように見えるポイントについて、実例を交えながら考えます。

イベント訪問

「英語で楽しむ伝統芸能~能と歌舞伎~」に行きました

先日、能と歌舞伎のユニークな公演を鑑賞しましたのでご紹介します。

生地

絽の付下げと白石和紙のバッグ

先日、白石の和紙でできたハンドバッグを付下げに合わせて持ちましたので、ご紹介します。

生地

上布のきもの ~宮古上布~

盛夏のきものの代表格である宮古上布を取り上げます。

Copyright© きものを着たい! , 2019 All Rights Reserved.