「 大島紬 」 一覧

お勉強 生地

「つむぎ」と「かすり」その2

紬(つむぎ)と絣(かすり)の違いはについて、写真を交えつつそれぞれの概要や特徴をご紹介します。2回目の今回は絣文様の紬、絣文様だが紬では無いもの、カジュアルなのに手間がかかる紬についてとりあげます。

お勉強 生地

「つむぎ」と「かすり」その1

紬(つむぎ)と絣(かすり)、現代でも馴染みがある言葉ですが違いはなんでしょうか? 何故混同するのか、どう違うのか、写真を交えつつそれぞれの概要や特徴をご紹介します。

生地

紙衣(かみこ)を考える その2

今日は前回「紙衣(かみこ)を考える その1」の続きで、紙衣の帯をご紹介します。

生地

ムガシルクのきもの

ムガシルクのきものを着てみましたので、ご紹介します。

着物用小物

クラッチバッグを考える その1

今日はきもの姿をエレガントに見せるクラッチバッグを取り上げます。

手入れ

仕立て直しによる着物(綿薩摩)のシミ対策

今日はきもののシミを仕立て直しによって隠すことができたお話です。
結果的には再び着られるようになったので成功例ですが、コストのかかる「仕立て直し」という方法を選びましたので、反省を伴うものとなりました。

生地

上布のきもの ~宮古上布~

盛夏のきものの代表格である宮古上布を取り上げます。

コーディネート/着方

音楽会のきもの

客席のほとんどが洋装の音楽会。どのようなきものが合うのか考えてみました。

生地

綿薩摩とイカットの帯

着心地の良い綿薩摩と、鹿柄のイカットの帯をご紹介します

着物用小物 羽織・コート

羽織と手拭い

羽織は訪問先でも脱がなくて済むのが楽ですね。今日は「羽織」と、「手拭い」のお話です。

コーディネート/着方

昔きもの ~大島のような黄八丈と銘仙~

昭和20~30年頃のカジュアル着物を2点ご紹介します。

麻の葉文様を考える

代表的な和柄、「麻の葉文様」について考えます。

Copyright© きものを着たい! , 2018 All Rights Reserved.