「 刺繍 」 一覧

明綴れの帯

つづれ織りと明(みん)綴れを取り上げます。綴れ織りは世界中にあり、明綴れは中国発祥の技法です。京都祇園祭りの綴れ織りも紹介します。

着物用小物

根付の着用例、コーディネート ~続・帯飾り「根付」を考える その2~

根付けをどんなときに使うか、柄や帯、季節感や色に合わせた根付けの使用例など、根付けをより効果的に楽しむ方法を、多数の着用写真と共に考えます。また、有田焼の根付けを購入したので、レビューしてみました。

丸文(円文)と、絵皿文様の単衣

きものや帯によく見られる丸い文様。今日は丸文と、絵皿文様の単衣を取り上げます。

コーディネート/着方

絞りのきもの 扱い方と魅力を考える

今日は絞りのきものの扱い方や魅力を考えます。

お直し/リメイク

形を変えて受け継がれるきもの

きものは子や孫の代まで着ることができますが、そのままではなく、形を変えて受け継がれていくこともあります。今日はきものの先輩方の例を挙げて考えたいと思います。

お直し/リメイク

続・無地のきものを小紋にリメイク その2

染め直して新しくなったきものを早速着てみました。

お直し/リメイク

続・無地のきものを小紋にリメイク その1

昨年に続き、若い頃のきものをリメイクした例をご紹介します。

着物用小物

クラッチバッグを考える その1

今日はきもの姿をエレガントに見せるクラッチバッグを取り上げます。

続・テーマのある名古屋帯

能の登場人物が頭に載せるかぶりものを描いた帯を前回から紹介しています。今日は冠の帯です。

テーマのある名古屋帯

趣味的な帯の中には、テーマを持って描かれたり、刺繍を施された帯があります。最近着用した帯の中からご紹介します。
3種類ありますので、順に取り上げたいと思いますが、それらの共通点は、「かぶりもの」を描いた帯であるということです。

イベント訪問

「草乃しずか展」に行ってきました

1月2日に「草乃しずか展 ~煌く絹糸の旋律~」に行きましたのでご紹介します。

生地

辻が花の訪問着

今日は若い頃から愛用しているお洒落着感覚の訪問着をご紹介します。

Copyright© きものを着たい! , 2018 All Rights Reserved.