人形

イベント訪問

歌舞伎座と東京国立博物館を1日で楽しむ その1

先日、歌舞伎座の第1部を鑑賞後、東京国立博物館を見学してきました。
今までなら歌舞伎の後に美術館に行くことなどなかったのですが、4部制により行動範囲が広がりました。

お雛様の染め帯 ~着用の時期と、染め帯に合わせるきものについて~

お雛様の染め帯を取り上げます。着用の時期や、合わせるきものについても考えます。

イベント訪問

文化学園服飾博物館 ~能装束と歌舞伎衣装~

先日、能と歌舞伎の衣装に焦点をあてた展示を見てきました。 衣装を見比べることもできる面白い企画でした。

お直し/リメイク

二部式作り帯のつくりかた

名古屋帯を切って、二部式の作り帯にする方法をご紹介します。過去に取り上げた作り帯も、あらためて目的別にご紹介します。

縞のきものを楽しむ その1

今日は縞のきものについて考えます。粋でかっこいいイメージの縞ですが、着こなすのはなかなか難しいものです。今回は御召と久留米絣などを取り上げます。

イベント訪問

江戸川区伝統工芸「刺繍と人形」展に行く その2

「刺繍と人形」展を取り上げます。今日は「江戸絽ざし」です。

イベント訪問

江戸川区伝統工芸「刺繍と人形」展に行く その1

先日、素敵な展示会に行きました。四人の女性伝統工芸作家による作品展です。

イベント訪問

新春の江戸東京博物館に行く

新年1月2日、江戸東京博物館で新春にふさわしい展示やイベント(企画展「春を寿ぐー徳川将軍家のみやびー」)を楽しみましたのでご紹介します。

生地

紙衣(かみこ)を考える その2

今日は前回「紙衣(かみこ)を考える その1」の続きで、紙衣の帯をご紹介します。

続・テーマのある名古屋帯

能の登場人物が頭に載せるかぶりものを描いた帯を前回から紹介しています。今日は冠の帯です。

コーディネート/着方

単衣の着物と帯を考える(派手な帯の着用の工夫も)

9月の単衣の季節になりました。今日は同じ単衣のきものを6月と9月でどのように着たらよいかを考えます。

イベント訪問

縞御召のきもの・その2~「すみだ北斎美術館」から「江戸東京博物館」へ~

両国と言えば「江戸東京博物館」もおすすめのスポットです。戦前の縞御召を着て「すみだ北斎美術館」を見学したあとは「江戸東京博物館」を訪れました。

© 2020 きものを着たい!