「帯」 一覧

生地

綿薩摩とイカットの帯

着心地の良い綿薩摩と、鹿柄のイカットの帯をご紹介します

鎌倉芳太郎の帯

シミがついたため、やむなくリメイクした型絵染作家・鎌倉芳太郎の帯についてご紹介します

古いシミ汚れの帯・リメイクとバッグ

古いシミのついた帯を、作り帯とハンドバッグにリメイクしました。

チェコガラスのボタンを帯留に

ボタン店で時々見かける美しいチェコガラスのボタン。帯留にしてみましたのでご紹介します。

生地

弓浜絣と花織の帯

鳥取県の伝統的織物である弓浜絣をご紹介します

夏帯を軽くする ~ICHIROYAの帯で~

2016/8/28    , , , , , , , , ,

リサイクルショップ・ICHIROYAで購入した夏帯と、帯の減量についてご紹介します

絽塩瀬・帆船柄の帯

祖母のオランダ船の帯を二部式にリメイクしました。

帯留と紐、使い方、合わせ方の工夫

帯留の使い方や、帯留を楽しむ時の小さな工夫をご紹介します。

貝の刺繍の帯<後編>

「絽刺し」という刺繍で貝を表現した帯をご紹介の2回目。着用例を中心にご紹介します。

貝の刺繍の帯<前編>

2016/3/5    , , , , ,

「絽刺し」という刺繍で貝を表現した帯をご紹介します。

無地の着物に無地の帯 ~きものと帯の組み合わせ~

前回は鏑木清方「新春の風情と羽子板展」を取り上げました。その時に着たものをご紹介しながら、きものと帯の組み合わせについて考えます。

刺し子の帯

今日は木綿の刺し子の帯を紹介します。

Copyright© きものを着たい! , 2018 All Rights Reserved.