「 作り帯 」 一覧

コーディネート/着方

単衣の着物と帯を考える(派手な帯の着用の工夫も)

9月の単衣の季節になりました。今日は同じ単衣のきものを6月と9月でどのように着たらよいかを考えます。

イベント訪問

籠目文様のきもの

今日は籠目(かごめ)文様のきものをご紹介します。

生地

茜地更紗の帯

赤い更紗の帯を、素朴で渋いきものに合わせた例をご紹介します。

イベント訪問 生地

きものと浴衣 ~「木綿の片野絞り」と「麻絽のきもの」を着る~

浴衣の季節に着る木綿と麻のきものをご紹介します。

イベント訪問 暑さ対策

老松のきもの (麻の長襦袢に関しての追記も)

先日、老松柄のきものを着ました。久しぶりの着用で、長年ふつうの小紋だと思っていたものが絵羽模様であることに気付きました。

イベント訪問

縞御召のきもの・その2~「すみだ北斎美術館」から「江戸東京博物館」へ~

両国と言えば「江戸東京博物館」もおすすめのスポットです。戦前の縞御召を着て「すみだ北斎美術館」を見学したあとは「江戸東京博物館」を訪れました。

イベント訪問

縞御召の羽織で六本木歌舞伎へ

昔はきものの代表格のように扱われた「御召」のきもの。今日は羽織にリメイクされた「縞御召」をご紹介します。

イベント訪問

「白洲正子ときもの」展に行ってきました

新春二日に、松屋銀座で開催されている「特別展・白洲正子ときもの」を見てきましたのでご紹介します。

小ワザ

きものの着付け用品を考える

私が使用している着付け用品(コーリンベルト、コーリンこしひも、きものクリップ)をご紹介します。

古いシミ汚れの帯・リメイクとバッグ

古いシミのついた帯を、作り帯とハンドバッグにリメイクしました。

コーディネート/着方

まだまだ赤系のきものを着たい!

お気に入りのきものはいくつになっても着たいですね。『50代でも赤系のきものを着られる?』の第二弾です

生地

8月末から9月初めのきもの・後編

9月上旬のきもの……絽紬、木綿、生紬と櫛織の帯を紹介します

Copyright© きものを着たい! , 2018 All Rights Reserved.