「 リメイク 」 一覧

お直し/リメイク

形を変えて受け継がれるきもの

きものは子や孫の代まで着ることができますが、そのままではなく、形を変えて受け継がれていくこともあります。今日はきものの先輩方の例を挙げて考えたいと思います。

お直し/リメイク

続・無地のきものを小紋にリメイク その2

染め直して新しくなったきものを早速着てみました。

お直し/リメイク

続・無地のきものを小紋にリメイク その1

昨年に続き、若い頃のきものをリメイクした例をご紹介します。

手入れ

仕立て直しによる着物(綿薩摩)のシミ対策

今日はきもののシミを仕立て直しによって隠すことができたお話です。
結果的には再び着られるようになったので成功例ですが、コストのかかる「仕立て直し」という方法を選びましたので、反省を伴うものとなりました。

羽織

羽織と羽織紐を楽しむ

羽織と羽織紐の楽しみ方を考えます。

羽織

男物の紗の羽織を女物へリメイク

男物の紗の羽織を女物にリメイクして着てみましたのでご紹介します。

お直し/リメイク

羽織を「目引き染め」でリメイク

派手になった紅型の羽織を「目引き染め」という方法でリメイクし、またお気に入りの羽織になりました。

イベント訪問

縞御召の羽織で六本木歌舞伎へ

昔はきものの代表格のように扱われた「御召」のきもの。今日は羽織にリメイクされた「縞御召」をご紹介します。

お直し/リメイク

無地のきものを小紋にリメイク

先日、古い着物のリメイクをしてもらいました。若い頃の無地のきものが小紋に生まれ変わった例をご紹介します。

鎌倉芳太郎の帯

シミがついたため、やむなくリメイクした型絵染作家・鎌倉芳太郎の帯についてご紹介します

古いシミ汚れの帯・リメイクとバッグ

古いシミのついた帯を、作り帯とハンドバッグにリメイクしました。

絽塩瀬・帆船柄の帯

祖母のオランダ船の帯を二部式にリメイクしました。

Copyright© きものを着たい! , 2018 All Rights Reserved.