「お勉強」 一覧

お勉強 生地

「つむぎ」と「かすり」その2

紬(つむぎ)と絣(かすり)の違いはについて、写真を交えつつそれぞれの概要や特徴をご紹介します。2回目の今回は絣文様の紬、絣文様だが紬では無いもの、カジュアルなのに手間がかかる紬についてとりあげます。

お勉強 生地

「つむぎ」と「かすり」その1

紬(つむぎ)と絣(かすり)、現代でも馴染みがある言葉ですが違いはなんでしょうか? 何故混同するのか、どう違うのか、写真を交えつつそれぞれの概要や特徴をご紹介します。

お勉強

今、貴女がきものを着るべき5つの理由

きものを着るとどんな点が良いでしょうか? 今日は私がきものをお勧めしたい理由を述べてみます。

お勉強

歌舞伎役者の寄せ書き日の丸 その2

先週に続き歌舞伎俳優による「寄せ書きの日の丸」を取り上げます。

お勉強

歌舞伎俳優の寄せ書き日の丸 その1

戦前/戦中の歌舞伎俳優による寄せ書き日の丸をご紹介します

お勉強 羽織

「羽織」を考える5 ~羽織の畳み方~

前回に引き続き、羽織について考えたいと思います。 5回目の今回は、羽織の畳み方について、 画像を交えながら解説していきます。  

お勉強 羽織

「羽織」を考える4 ~羽織紐~

2015/2/7    , ,

羽織の紐は着物姿の中央に位置するものなので、 正しく付けて結びたいものです。 今回は、羽織紐のつけかたと、 羽織紐の選び方を考えてみようと思います。  

お勉強 羽織

「羽織」を考える3 ~羽織の利用法II~

前回は「華やかにする」ための羽織の使用例をご紹介しました。 今回はその逆で、「控えめにする」目的で羽織を使用した例です。  

お勉強 羽織

「羽織」を考える2 ~羽織の利用法Ⅰ~

前回は昔の羽織の写真をご紹介しました。 私が羽織を着る目的は、大きく分けて2つあります。 「華やかに」するためと 「控えめに」するためです。 今日はまず、華やかにする羽織の使用例をご紹介しましょう。

お勉強 羽織

「羽織」を考える1 ~写真で見る昔の羽織 ~

2015/1/18    , ,

1.大正時代 羽織は本来男性のもの。 女性が羽織を着るようになったのは明治期以降のようです。 男性用と違い、第一礼装にはなりませんが、 黒(紋付)羽織は略礼装として昭和50年代まで使われていました。 …

Copyright© きものを着たい! , 2018 All Rights Reserved.