帯締

イベント訪問 小ネタ

唱歌「人形」で歌われる着物 その2 ~青天を衝け 大河ドラマ館へ~

唱歌のなかの人形(前回ご紹介)を真似た取り合わせで東京・北区王子の飛鳥山に行きました。「青天を衝け 大河ドラマ館」も楽しみました。

イベント訪問

金箔があしらわれた「隅田川」というきもの

皆さんは着物を入れるたとう紙の外側に「〇〇色訪問着」などとタイトルを書きますか?
そうすると中身がすぐに分かって便利ですよね。今日は少し変わったタイトルのきものをご紹介します。

【写真解説・のし結び】帯締めの結び方 あなたはどちら派? その2

今日は前回に続き、帯締めのおめでたい結び方である「のし結び」を取り上げます。
見た目は普通の結び方とあまり変わりませんが、結んでみると気分がアップするかもしれません

帯締め2つの結び方、あなたはどちら派? その1

帯締めの結び方を取り上げます。上から下へ、下から上へ、のどちらでも良いことで、一見違いもわからないのですが、知るとスッキリするかもしれません。

コーディネート/着方

花の季節はピンクの小物で

花の季節の着物の取り合わせ、皆さんは何か工夫していますか? 帯周りに注目した花の季節のコーディネートについて、ご紹介します。

海松貝(みるがい)文様の絽刺し帯

立春から雛の節句までの間に着用したくなる縮緬の帯があります。以前にもご紹介した貝文様の絽刺し(ろざし)刺繍の帯ですが、今回は渋い着物に合わせてみました。

コーディネート/着方

両家顔合わせ食事会の着物

結婚式に連なる「両家顔合わせ」に着物で出席する際はどの様な服装が良いのでしょうか? 実際に2つの両家顔合わせに着ていった服装を、当日の写真を交えてご紹介します。

コーディネート/着方

お太鼓用の「帯止め金具」を試してみました

帯を結ばずに固定してくれる「帯止め金具」をご紹介します。私は最近その存在を知ったのですが、実は昭和時代から使われているポピュラーな小物のようです。

紫色の小紋を楽しむ

紫色の小紋を取り上げます。レトロな雰囲気の紫色のきものは、難しさもありますが一度は着てみたい色です。

よろけ縞のきもの

縞柄の中でも不思議な魅力のある「よろけ縞」を取り上げます。

菊の訪問着と蔦の帯

先日、菊文様のきものを着ました。季節限定の訪問着なのでなかなか着用機会がなく、6年ぶりに袖を通しました。帯は蔦(つた)文様です。

手入れ

【解説】きものを脱いだあとはどうする?

「きものは着てもいいけど、後片付けが大変で……」という話をよく聞きます。今日は私のやり方や、私の友人の話をご紹介しながら着物を脱いだあとのことを考えます。

© 2021 きものを着たい!