文様

続・テーマのある名古屋帯

能の登場人物が頭に載せるかぶりものを描いた帯を前回から紹介しています。今日は冠の帯です。

テーマのある名古屋帯

趣味的な帯の中には、テーマを持って描かれたり、刺繍を施された帯があります。最近着用した帯の中からご紹介します。
3種類ありますので、順に取り上げたいと思いますが、それらの共通点は、「かぶりもの」を描いた帯であるということです。

コーディネート/着方

紬の付下げ

今日は植物「羊歯(シダ)」模様の紬の付下げを取り上げます。
付け下げは、着た時に柄が全部上向きになるように模様が付けられたきもののことです。
一般的に付下げはやわらかい先染めのきものですが、今日ご紹介するのは、紬の白生地を染めて、付下げのような模様を施したおしゃれ着です。

宝尽くしのきものと帯飾り

宝尽くし文様のきものと、文様に合わせた帯飾りをご紹介します。

イベント訪問

「草乃しずか展」に行ってきました

1月2日に「草乃しずか展 ~煌く絹糸の旋律~」に行きましたのでご紹介します。

お勉強

今、貴女がきものを着るべき5つの理由

きものを着るとどんな点が良いでしょうか? 今日は私がきものをお勧めしたい理由を述べてみます。

生地

久留米絣を楽しむ ~松枝玉記の絣~

木綿絣の代表格である久留米絣を取り上げます。

イベント訪問

「英語で楽しむ伝統芸能~能と歌舞伎~」に行きました

先日、能と歌舞伎のユニークな公演を鑑賞しましたのでご紹介します。

生地

絽の付下げと白石和紙のバッグ

先日、白石の和紙でできたハンドバッグを付下げに合わせて持ちましたので、ご紹介します。

コーディネート/着方

単衣の着物と帯を考える(派手な帯の着用の工夫も)

9月の単衣の季節になりました。今日は同じ単衣のきものを6月と9月でどのように着たらよいかを考えます。

生地

上布のきもの ~宮古上布~

盛夏のきものの代表格である宮古上布を取り上げます。

イベント訪問

籠目文様のきもの

今日は籠目(かごめ)文様のきものをご紹介します。

Copyright© きものを着たい! , 2019 All Rights Reserved.