小ワザ 着物用小物

帯留めに紐が通らない時の工夫

更新日:

image

きものや浴衣の楽しみ方の一つに帯留めがあります。でも、紐(帯締め)が太くて帯留めの紐通しに入らないことがあります。今日はその対処法についてご紹介します。

 

 

1.帯留め用の紐(帯締め)について

帯締めは、組み方で分けると平組、丸組、角組、丸ぐけなどがありますが、太さで分けると二分(ぶ)紐、三分紐、四分紐、五分紐となります。一分は一寸の10分の1、約3mmです。普通の帯締めの幅は五分、帯留めを使う時は三分紐が一般的です。

_MG_9518

写真の紐は上から
①三分紐
②三分紐
③四分紐
④五分紐

ですが、②は①よりも厚く、幅は1mm広いです。このように同じ三分紐でも厚みや幅に違いがあるので、紐通しに通りにくいことがあるのです。

_DSC1210
▲ 昭和時代の帯留めの紐通し部分

最近の帯留めは紐通しが大きく、四分紐も使える物があるようですが、古い帯留めの紐通しはこのように小さいものが多いようです。以前は私も「使いたい紐が帯留めに入らない!」という経験を何度もしました。そこで、こんな方法を試してみました……。

 

2.使用するもの

_DSC0855

紐通しの代わりとして使うのはこのヘアゴムです。私は髪をまとめる時にも使っていますが、これは昔の布製黒ゴムよりずっと細いのに絡みにくいのです。

 

_DSC0853

マペペリングゴム(ミニミニサイズ)です。
黒や茶色があり、直径が2.5cmと1.8cmの2種類あります。

 

3.やり方

_DSC0851

帯留めの大きさに合わせてゴムを使い分けます。

 

A:三分紐に横の長さが3.5cmの帯留めを付ける

_DSC0740

 

①紐を直径2.5cmのゴムに通します_DSC0743

②ゴムを帯留めの紐通しに入れて帯留めの裏を通り、そのままもう片方の紐通しから出します_DSC0744

③紐通しから出ているゴムに紐を入れます
_DSC0746

_DSC0765

裏はこのようになっています。

 

_DSC0747

この時、ゴムで紐のかどをこすらないように注意してください。(指でゴムを伸ばしておいてから紐を通すようにするとよいです。)

④通りました
_DSC0748

_DSC0766

裏から見たところです。

 

B:三分紐に1.9cmの帯留めを付ける

_DSC1140

 

①紐を直径1.8cmの小さいほうのゴムに通します
_DSC1142

②ゴムを帯留めの裏に通します
_DSC1143

③もう片方の紐通しから出したゴムに紐を入れます_DSC1144

④このように通りましたが、ゴムが少したるんでいます
_DSC1147

⑤片方のゴムをねじってもう一回紐を通します
_DSC1154
↓ ↓ ↓
_DSC1156

_DSC1158

今度はきっちり止まりました。

 

_DSC1159

裏はこうなっています。左だけ2回ゴムをからめています。

 

_DSC1167

このように紐通しに通すよりは帯留めが浮いた感じになりますが、実際帯に付けるとあまり目立ちません。

 

C:普通の帯締めにも付けてみる

_DSC0870

写真を続けてご覧ください。

 

_DSC0875

_DSC0876

_DSC0884

_DSC0882

_DSC0878

_DSC0879

このように好きな帯締めを、太さに関係なく帯留め用の紐として使えるところが便利です。繰り返しになりますが、ゴムとの摩擦で紐を傷めないように気をつけておこなって下さいね。

 

4.紐通しを使わなくても……?

紐通しに通した場合とゴムを使った場合を比べてみます。

_MG_5216

_MG_9140

上は紐通しに通した場合、下はゴムを使用した場合です。この帯留めの場合はほとんど変わりませんでした。

 

_DSC1172

_DSC1182

はじめにお見せした羽子板の帯留めをゴムを使って紐に付けてみました。こちらも紐通しを使った時とあまり違いはないようです。

このようにゴムを使用するようになってから、紐との相性を気にせずに帯留めのおしゃれを楽しめるようになりました。

 



関連記事:

この記事をシェアする:

読んで楽しかった! 役に立った! という方は、是非シェアをお願いします。

-小ワザ, , 着物用小物
-, ,

Copyright© きものを着たい! , 2018 All Rights Reserved.