生地

郡上紬と細帯

投稿日:

_MG_3265

今日は前回取り上げた半幅帯より幅がせまく、現代ではあまり見かけなくなった細帯をご紹介します。

1.半幅帯と細帯

①半幅帯とは

普通の帯幅の半分、約15cmの幅の帯のことです。長さは3.5m位のものが以前は一般的でした。

現代では幅が17cm位、長さも4m前後のものが多くなったようです。

半幅帯には単衣仕立てのものや、袋帯のようにあわせて縫われている厚手のものがあります。(小袋帯といいます)

半幅帯の素材は木綿、絹、麻、ウール、ポリエステルなどさまざまで、季節に合わせて楽しめますが、ほぼすべてが浴衣に合わせられます。

 

_MG_3198

前回ご紹介した浴衣用の単衣半幅帯。

②細帯とは

幅が11~13センチで、半幅帯よりも細い帯のことです。


△幅11cmの紬の細帯

 

_MG_9725

卒業袴の袴下帯として使用しました。

 

_1030993
△幅12cmの化繊の細帯

 

kimono-kitai_003192

娘が小さいときによく使用しました。子供用踊り帯だと思います。

③日常着として

半幅帯や細帯は普段着に合わせやすく楽なので、昔は一年中愛好者が多かったようです。

随筆家・白洲正子も愛用していました。

 

kimono-kitai_003193_2
△白洲正子が使用した半幅帯と細帯(『衣匠美』白洲正子著 世界文化出版 2000年より)

箪笥にはこの数倍あったそうです。

 

kimono-kitai_003193
△細帯を着用している白洲正子(白洲正子、牧山桂子、青柳惠介、八木健司(2012)『白洲正子のきもの』新潮社より)

綿薩摩に木綿の羽織を着ているそうです。

 

2.紬の細帯

①紬の小袋帯

_MG_3393

幅13.3cmの細帯です。長さは368cm。

 

_MG_3393b

赤系の子持縞ですが、紬特有のふしが味になっていて、子供っぽさはありません。

 

_MG_3395

袋状に縫われていて、中に帯芯が入っています。

②郡上紬に

_MG_3246

単衣の郡上紬に締めました。

郡上紬を見出して、世間に広めた白洲正子を思い、この細帯を合わせました。

郡上紬についてはこちらでも取り上げています。

(白洲正子と郡上紬の関わりについては、『衣匠美』白洲正子著 世界文化出版 2000年白洲正子、牧山桂子、青柳惠介、八木健司(2012)『白洲正子のきもの』新潮社などで紹介されています。興味のある方は読んでみてください)

 

_MG_3259

後ろは少し華やかに「リボン返し結び」にしました。

 

_MG_3267

堆漆(ついしつ)の根付を合わせ、民芸風にまとめました。

堆漆は、長い時間をかけて漆を何層も重ねていき、最後に削って模様を出すものです。

大変手間のかかる郡上紬に通じるものがあると思いました。

この根付は以下の記事でも紹介しています。

3.羽織の下に細帯

①細帯といえば

昭和時代、細帯と相性抜群だったのは羽織です。

カジュアルきものに簡単に結んだ半幅帯や細帯、その上から羽織を着れば、街着としてもOK。

そんな装いが懐かしく、羽織を着てみました。

 

_MG_3365

縞の紬に細帯だけだと、いかにも「家着」ですが、

 

_MG_3327

羽織を着ればさまになります。

②羽織紐の役割

_MG_3362

羽織紐は着物の色に合わせました。帯締めの代わりもしているように見えます。

 

_MG_3352

普通の帯の場合、帯締めと羽織紐が重なったり色合わせが気になったりしますが、こうするとシンプルです。

 

_MG_3377

津軽塗の下駄を履きました。

こうして昭和の装いの完成ですが、羽織を着ると私はなぜか下駄を履きたくなります……。

この記事をシェアする:

読んで楽しかった! 役に立った! という方は、是非シェアをお願いします。

-, 生地
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

© 2020 きものを着たい!