羽織・コート

外出先でコートを美しく着るには(写真解説)

投稿日:

_MG_4796

今日は外出先で、道行コートや雨コートをスムーズに着る方法について、写真と共に手順を一つ一つ追いながらご紹介します。

1.コートの着方なんて……

作法はある?

慣れない着物と帯の着付けがやっと終わり、「さあ、コートを羽織ってお出かけ!」というときに、コートの着方までうるさく言われたら、もういやになりますよね。

「コートは塵除けや防寒のために着るものなので、着方までこだわらなくてもいいはず……」と思うのも無理はありません。

でも、せっかく素敵なきものを着ているのに、マントをひるがえすかの如く豪快に道行きコートを羽織るのはNGです。

ちょっとしたコツを覚えれば、無駄な動きをすることなく楽に着ることができるのですから。

正式な作法というわけではなく、(他に正しい着方があるのかもしれませんが)私が子供の頃に母から教わったことをお伝えしようと思います。

はじめての道行きコート

kimono-kitai_001738

これは13歳の頃作ってもらった紬の道行きコートです。まだ肩上げをしています。

このコートを着て京都旅行をしたので脱ぎ着をする場面が多く、母から着方を習いました。

はじめは難しくて、とてもぎこちなかったのですが、何回かやるうちにだんだん慣れていきました。

 

2.道行きコートの着方

手順

①コートの衿を持つ

_MG_4783

コートの裏地が外側になるように衿を持ちます。(持つところは肩幅より広めに)

昭和時代のコートは、この様に裏地に派手な柄のものを使用していました。

(人目にふれることを想定したおしゃれということでしょうか……)

 

_MG_4784

両手を合わせるようにして

 

_MG_4785

↓ ↓ ↓

_MG_4786

右手に持ちかえます

②後ろで広げる

_MG_4791

コートを持った右手を後ろに回し、左手も後ろにして

 

_MG_4793

コートを後ろで広げます

③肩にかける

_MG_4796

手の甲を返すようにしながらコートを右肩に掛けます

 

_MG_4828

左肩にも掛けます

④肘から腕を入れる

_MG_4802

左手で右側の衿を持ったまま

 

_MG_4805

右肘をコートの袖の中に入れます。

 

_MG_4809

左肘も入れます。(入れる時は手で着物の袖を持ちます)

この時肘を突き出したり、高く上げたりしないように注意すると動作がきれいに見えます。

⑤内紐やスナップ

_MG_4810

袖がきちんと収まったか確認したら

 

_MG_4813

衿のスナップを一つ止めます

 

_MG_4814

内側の紐を結びます

 

_MG_4825

残りのスナップも止めたら

 

_MG_4827

出来上がり

コートを着る時は、人にぶつからない場所を選んで、人にはなるべく背を向けるようにして着るのが良いと思います。

 

3.裾が汚れない雨コートの着方

ワンピースタイプの雨コートの場合、家で着るときは長い裾が床についても気になりませんが、外出先では地面に裾がついて汚れてしまいそうです。

そんな時の着方をご紹介します。

手順

①たたんだ状態で

_MG_4830

外出先ではコートは袖だたみ*にしておきます。

 

_MG_4829
△袖だたみの状態

※袖だたみ……着物をたたむ場所がない時に臨時にたたむやり方で、立ったままでもできるたたみ方です。(以下の記事で浴衣を袖だたみしていますので、参考にして下さい)

_MG_4832

右手で裾を畳んだ状態のまま持ちます。

②コートの衿を持つ

_MG_4834

裾を持ったままの右手で右側の衿を、左手で左側の衿を持ちます

 

_MG_4836

コートの衿を左右に開きます

 

_MG_4837

開いた衿と裾をすべて右手で持ちます

裾は小指と薬指で握り、残り3本で衿を持つ感じでしょうか…5本の指をフル活用させて下さい!

③後ろで広げる

_MG_4838

右手を後ろに回します

 

_MG_4840

左手も回してコートを迎えます

 

_MG_4842

コートの衿を広げます

④肩にかける

_MG_4845

コートを持った右手をそのまま右肩に

 

_MG_4847

左手は左肩に上げます。これでコートは両肩に掛かりました。

⑤裾をはなす

_MG_4852

手に持っていた裾をはなします

 

_MG_4853

コートは肩に掛かっているので裾が下に付くことはありません

 

_MG_4862

あとは道行コートと同じです

⑥内紐やスナップ

_MG_4874

内紐をしっかり結びます

 

_MG_4879

スナップは道行コートよりも多くついているのできちんと全部とめます

 

_MG_4883

出来上がり

 

4.裾が汚れない雨コートの脱ぎ方

裾を引きずらない雨コートの脱ぎ方をご紹介します

手順

①コートの裾を持つ

_MG_4890

スナップと紐を外します

 

_MG_4896

雨コートの脇縫いあたりを両手で持ちます

 

_MG_4897

両手を少し高めに上げるようにして

 

_MG_4899

後ろでコートを合わせ

 

_MG_4903

右手でまとめて持ちます

②片袖を脱ぐ

_MG_4907

左の肩と袖を外します

 

image[4]

手の中のコートをそのまま右にずらして…

 

_MG_4912

前に持ってきます

③たたみながら脱ぐ

_MG_4914

裾を揃えてたたみながら

 

_MG_4917

右肩を脱ぎます

 

_MG_4924

たたんでいきます

④袖だたみでコンパクトに

_MG_4925

両袖が中に入った状態でたたんでいます

 

_MG_4927

脇縫と袖を揃えるようにすると上手にたためます

 

_MG_4929

縦に四つ折りして

 

_MG_4930

横にも折れば

 

_MG_4933

かなりコンパクトになります

 

少し練習すればすぐに実践できると思いますのでお試し下さい。

繰り返しになりますが、腕の動きはなるべく小さく、人には背を向けてササッと行うようにすると、スマートな印象になると思います。

 

この記事をシェアする:

読んで楽しかった! 役に立った! という方は、是非シェアをお願いします。

-羽織・コート
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© きものを着たい! , 2019 All Rights Reserved.