丸文(円文)と、絵皿文様の単衣

投稿日:

_MG_8443

きものや帯によく見られる丸い文様。今日は丸文と、絵皿文様の単衣を取り上げます。

1.丸文(円文)

①丸文とは

幾何学文様の一つで、円や丸の中に文様をおさめた意匠のことです。

②丸文の意味

丸や円は太陽を象徴する形であり、力の源とされます。

また、始点・終点がない円は、無限を意味するので縁起が良いとされます。幾何学文の基本なので、太古からの文様でもあります。

 

2.丸文の例

ここでは、完全な円だけでなく「丸く見える文様」も挙げてみます。

①丸文の帯

18061502

これは完全な円です。『きもの文様図鑑』では、<幾何学の文様>の「円」に分類されていました。金の立涌は織り、3つの丸文は刺繍とのことです。(『きもの文様図鑑』長崎巌監修、弓岡勝美編 平凡社2005年より)

_1010595
△明綴れ(みんつづれ)の帯

月を思わせる意匠です。

②花丸文

_MG_8306
△シンプルな花丸文

ちりめんの生地に描いてもらったものです。(以下の記事参照)

 

DSCF0028

「菊枝丸文」というタイトルが付けられた唐織の帯。

③水の玉

_MG_0244

夏の絽の着物です。大小の水玉が涼しげに見えます。

 

_MG_0235

取り合わせた帯の菊も丸文に見えます。

④丸に見える文様

_MG_7714

葡萄唐草文の色留袖。唐花文(からはなもん)*のような丸い文様です。

*唐花文…中国から伝わる文様で唐風の花や蓮花、牡丹、理想の花などを合成してできた文様。(以下の記事参照)

 

_MG_9702

更紗円文の単衣のきものです。

 

_MG_9717

すべての円文が欠けていて、完全な丸になっていないところが面白味なのかもしれません。

⑤上代裂(じょうだいぎれ)写し

上代裂とは飛鳥・天平時代の裂(きれ)地で、法隆寺裂、正倉院裂などがその代表。円文や丸に見える文様が多くあり、それらの写しは現代でも親しまれています。

<帯>

_MG_5808

_MG_1629

_MG_7497

円文の帯はきものに合わせやすく装いの格も上がるので、少しあらたまった場にも着用できる文様です。

<座布団>

_1010447

他にもバッグやポーチなど、昭和時代はこのような上代裂写しの丸い文様が、身の回りにたくさん存在していたような気がします。

⑥能装束の丸文

能装束でも「丸尽し」、または「丸紋尽し」という文様があります。地色は黒や縹色(はなだいろ-薄い藍色)が多いようです。

気品と優しさを兼ね備えた文様で、能「葵上」などに使われます。

18061501
△葵上(シテ・野村四郎、『能を彩る文様の世界』野村四郎・北村哲郎共著 檜書店2013年より)

 

右側手前と奥の水色が「丸尽し文」。能装束をロープに掛けて虫干しが行われている様子です。


△ 黒地の丸尽し


△ 縹色の丸尽し

これらは東京都中野区にある武田修能館での「能装束虫干し見学」で撮影したものです。(以下の記事参照)

 

3.絵皿文のきもの

今まで丸文を見てきましたが、次に紹介するのは、同じ丸文でも絵皿のように見える文様です。

 

_MG_8459

紬にいろいろな丸文が描かれています。単衣の付下げです。

 

_MG_8430

胸元や袖…

 

_MG_8459 b

裾に丸い文様が描かれています。

そのなかで、私が絵皿のように思えたのは以下の文様です。

 

_MG_8449
_MG_8443
_MG_8448
_MG_8471
_MG_8467
_MG_8465

このきものには全部で16の丸文が描かれていましたが、次回詳しくご紹介したいと思います。



関連記事:

この記事をシェアする:

読んで楽しかった! 役に立った! という方は、是非シェアをお願いします。

-
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© きものを着たい! , 2018 All Rights Reserved.