コーディネート/着方 生地

蔦葛(つたかずら)の訪問着

投稿日:2014年12月14日 更新日:

_MG_5373

前回の記事で、恩師を訪ねた時に着ていたもののご紹介です。

◇蔦葛(つたかずら)*の季節は?

*つたかずら……つる草の総称

_MG_5353

この日は淡いグリーン系の地に蔦葛模様の訪問着

 

_MG_5374

部分的に蔦の実が刺繍で表現されています

蔦葛は秋のきものと思いがちですが、季節は問いません。
他の植物や建物につたわって伸びてゆく生命力の強さから縁起の良い植物とされるからです。

葡萄が子孫繁栄の象徴であるように、
同じブドウ科のツタもおめでたい席に向く柄として、
訪問着に使用されることも多いようです。

_MG_5367_MG_5371

帯は鹿が描かれた すくい*の袋帯。

*すくいの帯……綴れ織りに似た織り方で紬糸などを用いたおしゃれ帯

鹿は一般的には秋の柄。(有栖川鹿文という名物裂文様は除く)
地色も秋らしいですね。

_MG_5379

草履はきものと同系色にしてしまいましたが、
もう少し濃い色でも良かった気がします。

 

 

◇蔦葛のきものを春に着るには

今回の組み合わせは秋らしさを強調したものでした。

新年~春に着るには、帯を少し華やかなものにすれば良いでしょう。

きもの姿の中心に位置する帯。
帯を変えるだけできものの雰囲気まで明るくなるものです。
たとえば、以前ご紹介したこの帯

 

_MG_5220

同じ蔦ですが、白地に金で華やかさがあります。

3月、学校の卒業式にこの帯を締めて出たことがあります。
蔦尽くしになりましたが、全体が春の色調になり、うまくまとまりました。
この他には、柄の主張が少ない金や白系の織の帯が合いそうです。

蔦葛のきものに又挑戦したいと思います。

この記事をシェアする:

読んで楽しかった! 役に立った! という方は、是非シェアをお願いします。

-コーディネート/着方, 生地
-, , , , , ,

Copyright© きものを着たい! , 2018 All Rights Reserved.