お直し/リメイク

着物の「丸染め」に挑戦してみました!

投稿日:

_MG_3307

皆さんは色あせたりシミになったりしてしまった着物をどうしていますか?
前回は羽織に作り替えることをご紹介しましたが、
きものは「染め替え」することでも生まれ変われます。

本来なら、
ほどく→洗う→染め直す→仕立てる の工程を経て「染め替え」が完成ですが、
今回初めて、きものをほどかずに染める「丸染め」を試してみました。

実際に業者に出してみて、
どの様になって帰ってきたのかをご紹介しましょう。

 

 

1.元になった着物

_MG_3330

今回丸染めをしたのはこちら。
単衣の竪絽[たてろ]――縦の方向に透き目を織り出した絽織りで、
夏物ですが、横に透き目が入った一般的な絽(経絽)より長期間(6~9月)着られるものです。

_MG_3329

明るいクリーム色に紫陽花の柄なのでの6月~7月に着ていました。

派手になり、着ないまましまってありましたが、ある日袖にシミを発見!
今さらシミ抜きしても着ないし、自分で仕立てた物なのでほどきたくない……。
そこで、ネットで検索した「きものサロンながしま」に持ち込み相談しました。

本店は福岡とのことでしたが、東京の大塚に支店があり、
こちらに直接持ち込んで相談、注文をしました。

 

 

2.丸染めされた着物のレビュー

_MG_3301

6月下旬に依頼した着物は、8月の上旬に到着しました。
だいたい1ヶ月半といったところです。

_MG_3302

耐水性の包装を解くと、さらに段ボールが。
こういう配慮はとても嬉しいです。

_MG_3303

段ボールを開けると、さらにプチプチが出てきました。

 

_MG_3304

プチプチをあけると、いよいよ着物と納品書が。

 

_MG_3305

納品書には細かい作業の内容と金額が記載されていました。
送料を含み、\29,800(税込)でした。

 

そして肝心の着物ですが――

_MG_3315

_MG_3314

クリーム色から紫色になりました。

_MG_3334

裏も同じように染まっています。

 

P1010043P1010044P1010046

今後はこんなコーディネートで着ようと思っています。

 

_MG_3321

以前より「紫陽花」の主張が弱くなった気がするので、9月にも着られそうです。

 

 

3.丸染めをしてみた感想

今回は満足でした!

しかし今回のように単衣でない、袷(あわせ)の場合には少し心配があります。
表地と裏地の収縮率が違うはずなので、染めたあとの仕上がりがどうなるか、
また胴裏と八掛も同色に染まるので裏地のお洒落は……? などなど。

染め替え、丸染め、それぞれメリットとデメリットがあるため、
お店と相談して、その着物に合う方法で染め替えするのが良いと思います。

私は又単衣で「丸染め」を試してみるつもりです。

 

それでは。

この記事をシェアする:

読んで楽しかった! 役に立った! という方は、是非シェアをお願いします。

-お直し/リメイク
-, , , , , , , ,

Copyright© きものを着たい! , 2019 All Rights Reserved.