イベント訪問

歌舞伎座と東京国立博物館を1日で楽しむ その1

投稿日:

image

先日、歌舞伎座の第1部を鑑賞後、東京国立博物館を見学してきました。

今までなら歌舞伎の後に美術館に行くことなどなかったのですが、4部制により行動範囲が広がりました。

1.歌舞伎座

①感染対策

IMG_20201016_094637

今回は10月大歌舞伎の第一部を鑑賞しました。

 

IMG_20201016_102927

歌舞伎座は徹底した感染対策で8月から公演を続けています。

  • 4部の入れ替え制で、一つの上演時間は1時間前後です。
  • 間隔をあけて入場します。

 

IMG_20201016_103029

以前は開場直後は大変混み合っていましたが、すっかり変わりました。

  • チケットを自分で切った後、検温、消毒を行います。
  • 筋書(プログラム)の販売はありません。代わりに無料のプログラムが入り口に置いてあり、自分で取るシステムになっています。

 

IMG_20201016_103232
△無料配布のプログラム

  • 座席は前後左右があいています。

 

IMG_20201016_103338

隣同士の会話ができない状態になっています。

  • 劇場内での食事はできません。(必要な水分補給は除く)
  • 番頭さん(役者のマネージャー)や役者の奥様方の姿はありません。ご挨拶などはしないことになっています。

 

IMG_20201016_103138

以前は番頭さんや奥さんの姿を見かけた場所に、現在は誰もいません。

  • 劇場内を歩く人があまりいません。

 

IMG_20201016_104722
△開演12分前の2階吹き抜けロビー

  • 終演後は、後ろの席の観客から順に退出するように案内されました。
  • 終演から次の部の公演開始までは約2時間あり、出演者とスタッフは入れ替わります。その間、会場内は消毒作業が行われているそうです。
  • 常磐津連中、長唄連中が、黒い布で鼻から下を覆って演奏していました。

②京人形

「京人形」は、私の大好きな常磐津と長唄の舞踊曲です。

名工・左甚五郎は、憧れの太夫に生き写しの人形を掘り上げました。

見事な出来栄えで箱から出て動き始めますが、魂や仕草までは思うように行かなかったようで……

性格を有するロボットと暮らすようになりつつある現代人ですが、「昔の人も願うことは同じだったのか……」と、笑いながら鑑賞できる楽しい舞踊です。

中村七之助の美しさと、久しぶりの常磐津の語りと演奏にうっとりしました。

 

kimono-kitai_003265
△京人形の舞台写真(ブロマイド)

中村芝翫と中村七之助

③お土産事情

  • 歌舞伎座劇場内(3階 座・のれん街)のお土産売り場は営業していません。
  • 1階のお土産処 木挽町…正面入口から入れますが、劇場内からは行かれなくなっています。

 

IMG_20201016_094836
△1階お土産売り場入り口(開店前に撮影)

  • 地下2階 のお土産処 木挽町広場…午前10時から営業

 

IMG_20201016_095345
△木挽町広場

 

IMG_20201016_095539

月半ばからは、舞台写真(ブロマイド)もここで販売しています。

1階と地下2階のお土産処は、歌舞伎を見なくても自由に行けるので、好きな時に歌舞伎の気分を味わうことができます。

 

IMG_20201016_205640

私の定番お土産、べっこう梅飴など購入しました。

 

2.幕間(まくあい)はないけれど…

①文明堂でランチ

以前なら一幕目が終わり、幕の内弁当などを楽しむ時間ですが、歌舞伎座横の文明堂カフェに向かいました。(席は事前に予約しておきました)

IMG_20201016_094957
△文明堂

②歌舞伎の感想

ランチが運ばれるまで、友人と歌舞伎の感想を語り合いました。

  • 楽しかったがあっという間だった
  • できればもう一幕見たい
  • 以前なら舞踊は眠くなることがあったが、今日は一幕だけなので集中して見られた
  • 演奏者は黒マスクで顔や口元が見られず残念だった
  • 幕間にトイレに並ぶストレスがないのが良かった
  • 徹底した感染対策で、それらがスムーズに行われている印象だった
  • 劇場内での飲食ができないのが寂しいが、今後は慣れていくべきなのだと思う
  • 出演者、スタッフ、観客が、歌舞伎に対して切実な思いを共有しているように感じた

 

IMG_20201016_123126 (1)

今日は歌舞伎座名物の「めでたい焼き」は食べられませんが、代わりにランチのミニデザートを楽しみました。

③日比谷線で移動

食事を終えて次の場所へ。

東京国立博物館までは地下鉄日比谷線を利用しました。

東銀座から上野まで8駅、乗車時間は15分です。

 

IMG_20201016_134321

日比谷線の上野駅からはゆっくり15分ほど歩いて東京国立博物館に向かいました。

 

3.東京国立博物館

①工芸展を鑑賞

表慶館で開催中の特別展「工藝2020-自然と美のかたち-」を鑑賞しました。

自然との共生によって発展してきた日本特有の工芸を、現代作家の作品を通して紹介しています。

漆工、金工、陶磁、人形、染織、木工、ガラスなどさまざまな分野の工芸品がジャンルとは関係なく、テーマ別に展示されていました。

 

IMG_20201016_135600
△表慶館

②エントランス

IMG_20201016_140441

表慶館エントランスホールは撮影が許可されています。

 

IMG_20201016_140144

入るとまず目を引くのが床のモザイクタイルです。
フランス産の大理石でできているそうです。

 

IMG_20201016_140502

エントランスホール天井真上の明かり窓。

ドーム天井の凝った装飾と、窓から差し込む柔らかな光が美しいです。歌舞伎座から打って変わってヨーロッパの雰囲気になりました。

 

続きは次回ご紹介します。

 

 

この記事をシェアする:

読んで楽しかった! 役に立った! という方は、是非シェアをお願いします。

-イベント訪問
-, , , , , , , , , , ,

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

© 2020 きものを着たい!