イベント訪問 コーディネート/着方

歌舞伎座と東京国立博物館を1日で楽しむ その2

投稿日:

image

芸術の秋、短い歌舞伎鑑賞のあとに東京国立博物館に行きました。
先週に引き続きご紹介します。

1.表慶館

①表慶館とは

明治33年(1900)、皇太子(後の大正天皇)のご成婚を記念して計画され、明治42年(1909)に開館した、日本ではじめての本格的な美術館です。

明治末期の洋風建築を代表する建物として昭和53年(1978)、重要文化財に指定されました。(東京国立博物館公式サイトより抜粋)

 

IMG_20201016_135121
△表慶館の前で

IMG_20201016_142642
△先週もご紹介したエントランスの天井(2階から撮影したもの)

IMG_20201016_142649

天井には絵の道具や楽器、工具などが描かれているようです。

漆喰の浮き彫りのようですが、公式サイトによると「陰影を巧みに用いて描かれた文様」だということです。

 

IMG_20201016_142649b

拡大してみると窓の中心に星型の模様があることがわかりました。

 

IMG_20201016_140144

床の16稜*の 星型と対応しているようです。

*稜…多面体の面と面の交わる所

☆表慶館は展覧会やイベントの開催時以外は閉館しています。

②特別展「工藝2020-自然と美のかたち-」

会場は表慶館の1階と2階で、展示構成は第1~第4章に分けられて展示されています。

第1章 金は永遠に光り輝き、銀は高貴さに輝く
第2章 黒はすべての色を内に吸収し、白はすべての光を撥する
第3章 生命の赤、自然の気
第4章 水の青は時空を超え、樹々と山々の緑は生命を息吹く

それぞれのテーマを頭に入れてから各部屋にはいると、作品に対する興味が湧きます。

☆特別展「工藝2020-自然と美のかたち-」 の全作品とその解説はこちらで見ることができます。

東京国立博物館の公式ブログでも会場の様子が紹介されています。

会期:2020年9月21日(月) ~ 2020年11月15日(日)

 

私が印象に残った展示をあげてみます。
(第1章・1室の展示作品は、幸運にも撮影が許可されていました)

第1章

IMG_20201016_141000
奥田小由女「海から天空へ」(人形)

IMG_20201016_141141
宮田亮平「生と静」(金工)

IMG_20201016_140912
室瀬和美「柏葉蒔絵螺鈿六角合子(はくようまきえらでんろっかくごうす)」(漆工)

第2章

三輪休雪「雪嶺(せつれい)/花器」(陶磁)

松枝哲哉「久留米絣着物 光韻」(染織)

☆久留米絣作家の松枝哲哉さんは、今年7月に64歳で亡くなりました。

第3章

kimono-kitai_003265_5
伊藤裕司「赤富士」(漆工)(絵葉書より)

森口邦彦「友禅着物 緋格子文」(染織)

第4章

kimono-kitai_003265_4
小宮康正「江戸小紋羽尺駒絽両面染 両子持ち立涌(りょうこもちたてわく)」(染織)(絵葉書より)

kimono-kitai_003265_3
安達征良 「硝子絹糸紋鉢 夕陽」(ガラス)(絵葉書より)

③室瀬和美氏

今回、第1章に螺鈿(らでん)の合子(ごうし・ごうす・香合)を出品していた漆芸家の室瀬和美氏は、蒔絵の重要無形文化財保持者です。

何度か個展を見たことがありますが、工藝2020の会場では様々な工芸品と共に展示され、ひときわ輝きを放っていました。

いわゆる香合のサイズではなく、直径26cm。食籠(じきろう・菓子器)の大きさで、秋の展示会にふさわしい逸品でした。

 

IMG_20201016_210301
△表慶館で購入した絵葉書と一筆箋

 

以下は2015年「人間国宝 室瀬和美 蒔絵の四季」展の会場での写真です。

_DSC2153
△室瀬和美氏の作品 蒔絵螺鈿のハープ

_DSC2155
△室瀬和美氏と

 

2.本館と東洋館

表慶館の特別展「工藝2020-自然と美のかたち-」のチケット(予約制・一般1500円)で、本館と東洋館、その他の総合文化展を見学することができます。

今回は本館と東洋館の一部を見ることにしました。

①本館

IMG_20201016_134813
△本館

本館(日本ギャラリー)2階は、縄文時代から江戸時代まで、時代を追って展示する「日本美術の流れ」。

1階は彫刻、陶磁、刀剣などの分野別展示と企画展示で構成されています。(東京国立博物館公式サイトより抜粋)

 

IMG_20201016_145017
△ドラマ『半沢直樹』でもおなじみの本館の大階段

☆館内は手持ちのカメラであれば個人利用にかぎって撮影できます。

 

IMG_20201016_145827

4~8週間ごとに展示替えが行われているので、訪れるたびに季節のきものを見ることができます。

 

IMG_20201016_150110
△舞楽の衣装

②東洋館

IMG_20201016_134826
△東洋館

東洋館は2013年1月2日にリニューアルオープン。「東洋美術をめぐる旅」をコンセプトに、中国、朝鮮半島、東南アジア、西域、インド、エジプトなどの美術と工芸、考古遺物を展示しています。(東京国立博物館公式サイトより)

たくさんの部屋がありますが、今回は2室のみ見学しました。

3階5室 中国の染織 名物裂Ⅱ 「金襴・銀襴」

日本が「名物裂(めいぶつぎれ)」として愛好した中国の絹織物のうち、「金襴・銀襴」がテーマです。

 

IMG_20201016_150733

紫地向鳳凰丸文様金襴(むらさきじむかいほうおうまるもんようきんらん)
(明時代・14~15世紀)

 

IMG_20201016_150932

紺地二重蔓中牡丹唐草文様金襴(こんじふたえづるちゅうぼたんからくさもんようきんらん)
(明時代・15~16世紀)

 

IMG_20201016_150820

萌黄地花兎文様金襴(もえぎじはなうさぎもんようきんらん)
(明時代・15~16世紀)

 

IMG_20201016_150843

縞地月兎丸文様金襴(しまじつきうさぎまるもんようきんらん)
(明時代・16~17世紀)

きもの好きには馴染みの文様の名物裂ですが、改めて14~17世紀の中国文化の素晴らしさを実感しました。

地下13室 アジアの染織 インドネシアの染織

IMG_20201016_151707

地下にはアジアの染織のうち、 インドネシアの地域色豊かな染織が展示されていました。

 

IMG_20201016_151401
△インドネシア・スンバ島の肩衣(かたぎぬ) 19世紀

イカット(経絣)で動物文様がユーモラスです。

 

IMG_20201016_151527
△インドネシア・スマトラ島の肩衣 19世紀

舞踊や結婚式に用いられた特別な衣装だそうです。

 

IMG_20201016_151456
△インドネシア・ジャワ島の腰衣(こしぎぬ) 20世紀初頭

昔の日本人も憧れた色鮮やかなインドネシアの文様…やや暗い展示室で魅力的な輝きをみせていました。

 

3.当日のきもの

①色大島

IMG_20201016_104121

当日は雨の心配があったので、色大島を選びました。
(予想が外れて良いお天気でしたが)

ピンクの色大島を目引き染めで地味にしたものです。

着物についてはこちらで紹介しています。

②姉様人形の帯

IMG_20201016_135635

帯は塩瀬羽二重の染帯で、姉様人形文様です。

中村七之助が演じるスレンダーな「京人形」をイメージしてこの帯を選びました。

 

IMG_20201016_104313
△東山魁夷「秋映」を前に(歌舞伎座2階吹き抜けロビーにて)

 

 

IMG_20201016_152806

東洋館を鑑賞した後は、東洋館別棟のレストランでティータイム。
友人とケーキを半分に分けて、一息いれてから帰宅しました。

☆東洋館別棟1階「ホテルオークラレストラン ゆりの木」は現在限定メニューで営業しています。

 

歌舞伎鑑賞と、美術鑑賞、たくさん歩いて遠足のようでしたが、大満足の秋の1日でした。

この記事をシェアする:

読んで楽しかった! 役に立った! という方は、是非シェアをお願いします。

-イベント訪問, コーディネート/着方
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

2
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

© 2020 きものを着たい!