履き物

白地の作り帯とセンザンコウの草履

投稿日:

_MG_7265

今日はリメイクした帯と草履の着用例をご紹介します。

白地の作り帯(2019.9.29、上)と、鼻緒をすげ替えた昭和レトロ草履(2019.9.15、下)です。

1.秋に向けてのリメイク

①秋の単衣を着るために

_1020872

作り帯にリメイクした帯です。

白地ですが、9月下旬に着たい濃い色の単衣に合わせようと、夏の間に作りました。

 

_1020842

まだ暑さが残る9月~10月はじめには、軽い紬の八寸名古屋帯がとても楽です。

シミがあったために着用できなかった帯が復活しました。

②レトロな革草履

_MG_6939

昭和時代のセンザンコウの革草履です。共の鼻緒は細くて履きにくいので

 

_MG_7222

布製の鼻緒に替えました。

これも秋に履きたいと思い、8月にすげ替えてもらいました。

 

2.シュロ文様のきものに

①紬の単衣・小紋

kimono-kitai_002214

昭和50年代後半、母が愛用していた単衣です。(旅行先のホテルの部屋で)

茶色の地にグレーのシュロ(棕櫚)の葉がモダンで、私も大好きな着物でした。

白地の紬帯とは、いつもセットのように合わせて着ていました。

けれどもいつの間にか……

 

_MG_7247

目引き染めで渋いきものになっていました。

昔は「大きい柄は若い人だけが着るもの」という考えが強く、年齢を重ね派手に感じて色を掛けたのではないかと思われます。

シュロ文様のシャープさが消えてしまい少し残念ですが、現代では地味な色を洋服感覚に着こなすおしゃれもあるので、そんな楽しみ方をしたいと思いました。

②作り帯をあわせる

_MG_7258

作り帯をシミのない部分を前に出して締めました。

 

_MG_7275

固定式にしたので、お太鼓も必ずきれいな部分が出るようになっています。

 

_MG_7263

べっ甲のブローチをレースの帯締めに付けて帯留めにしています。

(参考)ブローチを帯留めに付ける方法

_1020907

レースの帯締めならばピンが簡単に通るので……

 

_1020906

すぐ帯留めに早変わり。

夏物や単衣のきものの時は、レースの帯締めを三分紐の代わりに使うと便利です。

③センザンコウのバッグと草履

_MG_7243

センザンコウの草履と、お揃いのバッグを合わせてみました。

 

_MG_7247b

色を統一しているせいか、シンプルな装いになりました。

 

3.茜絞りのきものに

①グレー地を前柄に

_MG_7293

派手な木綿の茜絞りの単衣には、帯のグレー部分が多いほうを前に出しました。

 

_MG_7323

茶色のぼかし帯締めと一位の木の根付を合わせました。

②蛇革のバッグ

_MG_7294

草履はセンザンコウですが、バッグは蛇革の小さいものにしました。これも昭和時代の革バッグです。

きものが木綿なので、よりカジュアルな装いになっていると思います。

 

今日は9月のリメイクコーデをご紹介しました。

白地の帯はもちろん春~初夏に合うものですし、希少革の草履やバッグは通年使用できるものですので、これから愛用するつもりです。

 

この記事をシェアする:

読んで楽しかった! 役に立った! という方は、是非シェアをお願いします。

-履き物,
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© きものを着たい! , 2019 All Rights Reserved.