古いきものを着る時に注意する3つのこと

 

_MG_5143

◇はじめに◇

~昭和20年代の御召縮緬を着てみました~

前回ご紹介した御召縮緬(おめしちりめん・普通はお召しといわれる)は、
大正から昭和30年代にかけて流行した絹織物です。

通常の縮緬よりコシがあり丈夫な為、
おしゃれ着として大変着やすいきものだそうです。

大正時代に女学生の間で流行した矢羽根模様(矢絣)のきものも、
お召しが多かったようです。

この紅葉模様のきものは母が20代から30代(昭和20~30年代)に着用していたものです。
私が生まれる前によく着ていたようで、私には着ている母の記憶がありません。

けれども一枚だけ写真が残っていました。

続きを読む