「お勉強」カテゴリーアーカイブ

「羽織」を考える1 ~写真で見る昔の羽織 ~

15011701

1.大正時代

羽織は本来男性のもの。
女性が羽織を着るようになったのは明治期以降のようです。

男性用と違い、第一礼装にはなりませんが、
黒(紋付)羽織は略礼装として昭和50年代まで使われていました。

冒頭の写真も含めこれから紹介するのはすべて我が家に残る写真です。

_MG_6317

①大正10年1月5日、親戚が集まっての記念写真
女性はほとんどが正装の黒紋付きの重ね着ですが、
中央のおばあさん(未亡人・当時67歳)が黒い羽織を着ています。
冒頭の写真は大正13年のもの。未亡人のおばあさんとその娘です。

 

続きを読む