雨の季節、着物姿での持ち物


_MG_1157

今日は雨の季節、着物で外出する時に持っていると便利なものをご紹介します。

1.撥水加工風呂敷

①100cmの大判風呂敷

_MG_0800
△100福むすび アクアドロップふろしき

サイズ:100×100cm 素材:ポリエステル100% 本体重量:113g 日本製

 

_MG_0803

水を入れて運べるという強力撥水の風呂敷です。

 

_MG_0804

手触りは布というよりはビニールのテーブルクロスに近いです。

 

_MG_0805

撥水加工の効果が弱まった場合は、アイロンをかけると再び撥水効果を発揮するそうです。

 

②超撥水風呂敷

_MG_1150
△撥水ふろしき ながれ

サイズ:約70×70cm  素材:ポリエステル100% 本体重量:約65g 日本製
洗濯:洗濯機洗い○、柔軟材使用×

朝倉染布の「ながれ」という超撥水風呂敷です。

コーティング加工ではないので生地は柔らかく、通気性もありそうです。ふつうの風呂敷としても使用できるしなやかさです。バッグに入れてもあまりかさばりません。

洗濯100回でも劣化しないとのこと。

③使い方

例1:急な雨にはさっと取り出し肩から掛けて

例2:濡れた雨コートを包む風呂敷として

_MG_1159

 

例3:バッグが濡れないように包むカバーとして

_MG_0808

_MG_0810

 

例4:泥はねが上がりやすい裾の後ろをカバーすることも…

_MG_1167

(きものクリップで止めています。)

使い方はいろいろです。

撥水加工の風呂敷は洋風の柄もありますが、やはり和柄がきものには合うようです。

 

2.エコバッグ

_MG_0815

これらは小さく折り畳めて軽いので、天候に関係なく外出時には必ず持ち歩いているものです。

外出先でコートを脱いだとき、素早くしまえるのは風呂敷よりエコバッグです。もちろん荷物が増えた時にも収納力と軽さが役立ちます。

強力な撥水性はないですが、多少雨に濡れても大丈夫。普段の買い物用エコバッグとは別に、このような和柄をきもの専用としておけばいつまでも綺麗に保てます。

大小2種あります。

①大サイズ

_MG_0818

サイズ:横45×縦55(持ち手部分含む)cm、収納時:9.5×8cm
素材:ポリエステル100%   企画:日本、 生産:中国

 

_MG_0820

_MG_0821

バッグがすっぽり入ります。

 

_MG_1202

葵唐草文様が可愛らしいです。

 

_MG_1160

肩に掛けるデザインなので持ち手は補強されています。

②中サイズ

_MG_0817

サイズ:横40cm(横マチ含む)縦38cm 底マチ13cm、収納時:8×9cm
素材:ポリエステル100%  企画:日本、生産:中国

 

_MG_0819

袋の深さは①と②であまり変わりませんが、こちらは縦長のイメージ。

 

_MG_1201

バッグと一緒に持っていても「大きな袋」という、感じはしません。

 

3.雨コート巻きスカート

2015年8月2日の記事で紹介したものです。

_MG_9247

出先で突然の雨に会った時重宝しています。

 

_MG_9836

_MG_9837

持ち歩くときはコンパクトになります。

きものを泥ハネで汚さないようにするのは大切なことなので、特に夏の外出時には突然の雨に備えて持参しています。

 

4.その他必要なもの

以前(2016年7月9日)の記事で紹介した浴衣で外出する時に必要なものとして提案したのは…

 

_DSC4107

財布(二つ折りのもの)
ハンカチ
ハンドタオル
手拭い
ティッシュ
化粧ポーチ
扇子
晴雨兼用傘
携帯電話
ペットボトル
ウェットティッシュ

などですが、雨の季節には前述の風呂敷やエコバッグ、巻きスカートの他に、

 

  • 手拭い又はタオルを少なくとも2枚_DSC4898
  • レジ袋(濡れた傘、手拭いなどを入れる)
  • きものクリップ(裾を端折る・または撥水加工の風呂敷を留めるとき)_MG_7543

は必ず持参しています。

雨の季節は荷物が多くなりがちですが、それらは大切なきものを守るために必要なものです。お財布を小さめにしたり、軽めのバッグにするなど、工夫をしてきものでのお出かけを楽しみましょう。

 


この記事に対するコメント

Be the First to Comment!

avatar
wpDiscuz