古いシミ汚れの帯・リメイクとバッグ


_DSC0715

譲り受けたきものや帯を、すぐ使用せずにそのまま長期間保管していると、カビやシミが出てしまうことがあります。

今日はそんな帯の話題です。

1.イカット風紬の帯

①紬の袋帯

_MG_3909

紬地の袋帯です。

すでに何回かご紹介していますが、最近は気に入ってよく着用しているものです。しかし若い頃は「まだまだ地味」と思い見向きもしなかったため、使用しないまま時がたち……

_MG_3912

_MG_3911

締めようと思って出した時にはカビらしきものが出ていました。

②手入れ

_MG_4622

丸洗いをしてもらい、かなりさっぱりしました。

 

_MG_4634

でもシミは取りきれません。無地の裏を見るとよくわかります。

 

_MG_4636

表も場所によってシミがわかる部分があります。

 

2.リメイク

①カジュアルな袋帯

この帯は紬でカジュアル向きにもかかわらず、名古屋帯より締めにくい袋帯です。そこで、シミの目立たないところがお太鼓になるように固定することにしました。

②固定式作り帯に

_DSC0718

お太鼓の柄はこれで決まってしまいますがいちいち二重太鼓を作らなくてすみます。

 

_DSC0715

前は位置をずらせば柄の雰囲気が変わります。

③着用例

_MG_4140

_MG_4137

派手になった山繭紬のきものに
(2016年9月24日の記事参照)

 

_MG_8757

久留米絣に
(前柄の位置を変えています)

 

_MG_2719

黄八丈に
(先週取り上げました)

 

3.がま口バッグ

作り帯にした際、40cmほど布が余りました。

シミのある部分ですが、処分するのはもったいないので、ポーチやミニバッグ作りが得意な友人に「がま口バッグ」を作ってもらいました。

_MG_2710

_MG_2713

素朴な味わいの小さなバッグです。

 

_MG_0058

盛夏のきもの(宮古上布)にも合いました。

持ち手をはずしてバッグインバッグにも使えるので便利です。友人に感謝しながら使っています♪

 

4.型絵染めの帯

①紬の名古屋帯

_DSC3126

型絵染め・紬の帯です。
柄が細かいのを地味に感じて、締めるのはもう少しあとにしよう、と思っていたらいつの間にか……

_DSC1834

_DSC1831

帯裏、無地の部分のシミが目立ちます。

 

_DSC1833

これは表側、たれの部分です。シミ汚れがたくさんあります。この汚れは古いのでもう落ちないと言われましたが、とにかく丸洗いをしてもらいました。

②手入れ

_DSC3127

全体的にはさっぱりしましたが、たれのシミは取れなかったので、この形で締めるのは無理そうです。

 

5.リメイク

たれをカットして全体が同じ柄の帯として使用することにします。たれを切るとお太鼓部分の長さが短くなり、締めにくくなりそうなので、これも作り帯にしました。

①三分割に

まず、手先部分をカット(上)。次に胴周りを自分のサイズに合わせて切りました(中)。

残りがお太鼓ですが(下)、もともと名古屋帯に仕立ててあるので、お太鼓の山の部分の位置はあまり変えずに使用したいと思います。

②お太鼓のたれを切る

シミがついたたれ先をカットし、切ったところをくけました

③固定式作り帯に

_DSC3214

芯が薄いので、軽くて締めやすい作り帯になりました。シミは肉眼ではわからない状態です。

 

6.被せ型ハンドバッグも

①残布

_DSC3328

胴周りの部分で30cmの余りが出ました。

②染匠きもの展示館

_DSC3329

ハンドバッグを作ってもらうため「染匠きもの展示館」に残布を送りました。わずかな余り裂ですが、どうしても生かしたかったのです。

裂の大きさによって出来るバッグの形は違います。ここは以前にも2度お願いしたことがあり、安心して頼みました。

③バッグができるまでの流れ

  1. デザインを選び、注文フォームから申し込みをして布を送ります
  2. その布でバッグができるかどうかの返事が来ます。メールが来たら代金を振り込みます
  3. 約20日で出来上がり

④残布のバッグ

_MG_7294

「一本手被せ型バッグ」ができました。本体と手は合皮ですが、沢山の色見本から選べるので楽しいです。

このバッグには炭色を選びました。

この帯の着用例と生地の詳細については、来週ご紹介します。


この記事に対するコメント

avatar