「透けない夏きもの」と「デルフト陶器の帯留」


_MG_4670b

今日は祖母の単衣のきものと、母のブローチ帯留の紹介です。

 

1.地味な印象の単衣

①出会い

このきものを初めて見たのは14歳の頃でした。

 

_DSC1586

当時もこのように、まずたとう紙を開けた状態で見せられました。

色はモノトーンで刷毛目(はけめ)の模様です。柄としては大胆なのかもしれませんが、子供の私には地味な印象しかありませんでした。

けれども私にとってはとても懐かしいきものなのです。

②私との関わり

このきものは祖母から母に譲られ、母が若い頃着ていました。しかしそれは私の記憶にはない頃のことです。

なぜ懐かしいかというと、私が中学生の頃、日舞の発表会の練習用に「かつぎ(被衣)*」として使っていたからです。

*かつぎ…平安時代以後、貴婦人が外出する時に頭からかぶった衣服。きぬかつぎ

かつぎを使う所作を家で稽古したいのに、風呂敷やシーツでは上手くいきません。困っていた私に母が出してくれたものがこの着物だったのです。

 

_MG_5041

丈が短く何よりも軽いので、かつぎのように扱えます。おかげで、稽古も存分にでき、舞台も無事につとめられました。

 

16071101
△本番の衣装

実際のきぬかつぎはきれいなピンクでした。

③引退していた? きもの

祖母のきものは練習用として役立ちましたが、この時すでに”きもの”としての役目は終えていて、箪笥の奥に眠っていたものでした。そして母はその後も着ることはなく、私も使うことはありませんでした。

 

2.ジョーゼット? 紋紗の単衣?

今回再びこの単衣に興味が湧いたので、よく見てみました。

①素材

_MG_5056

とてもやわらかな絹です。伸縮性もあり、しっかりしたジョーゼット*のようにも思えます。

*ジョーゼットのきもの…昭和初期に流行した薄い平織りのきもの。ごく細い強撚糸を使っているので細かいシボがあります。(薄い縮緬の風合いです)

以前(2015年7月25日の記事で)、友人が夏物として着ていたジョーゼットきものを紹介しましたが、その生地よりは少し厚くハリがあるようです。

 

_MG_5040

色は黒、グレー、白だけでなく、薄いピンクの部分もあります。

②紋紗?

_DSC1587

ふつうの単衣だと思っていましたが、裏をよく見ると透かし模様がはいっていました。

 

_DSC1595

紋紗(もんしゃ)*の一種、透紋紗(すきもんしゃ)と思われます。表の模様とは関係なく、全体に可愛らしい柄が織り出されていました。

*紋紗…紗地に文様を織り出したもの。

平織り地に紗組織で文様を表したものを「透(すき)紋紗」、紗組織の中に平織りで文様を表したものを「顕(けん)紋紗」というそうです。

 

_MG_5046

表からでも透かして見ると紗の部分がわかります。

 

3.無地のきもの?

もう持ち主に聞くことはできませんが、祖母は若い頃、無地の透(すき)紋紗として、このきものを着ていたのではないでしょうか。

その後刷毛目模様に染め直したと思われます。

そして祖母が着たあと、このきものは母に譲られました。(身丈が母の寸法でなく短いのは、祖母が着ていた証拠です)

 

4.昭和37年の写真を発見

よそゆきの着物ではないため写真は無いと思われましたが、1枚だけ見つかりました。

 

16071004b
△昭和37年頃、親戚の家で食事をしている両親(母は33歳)

帯は薔薇の柄の絽つづれです。6月頃でしょうか、くつろいだ様子で鰻重?を食べています。

この着物は目立った汚れもなく、着用可能な状態でした。念のためクリーニング(丸洗い)を頼み、着てみることにしました。

 

5.母と同じコーディネートで着てみる

_DSC3902

_DSC3899
△クラシックコンサートに

6月中旬、50年経ってカムバックした「透紋紗」のきものに当時と同じ絽つづれの帯を締めました。

あまりに古い組み合わせに気恥ずかしくもありましたが、軽さと柔らかさ、着心地の良さでいつしかそれも忘れてしまいました。絽や紗と同じ夏の薄物と考えてもよい程の涼しさでした。

 

6.オランダ土産のデルフト陶器ブローチを帯留に

①気楽な装いで

_MG_4663

_MG_4664

浴衣のような感覚で紗の夏帯を合わせてみました。

 

_MG_4683

下駄の方が合うようです。

そして、無地の帯に合わせてみた帯留は……

②ブローチを楽しむ

_MG_4670

選んだのは父のお土産のブローチです。

昭和37年に父がヨーロッパ旅行をした際、オランダで母に買ってきたブローチです。私の幼い頃、母が洋装の胸元に付けていたのを覚えています。

 

_MG_4676
△オランダ デルフト陶器*のブローチ

*デルフト陶器…オランダのデルフトおよびその近辺で、16世紀から生産されている陶器。白地に青い模様が特徴。

 

_MG_4677

レースのように繊細なシルバー部分も気に入っています。

このような丸いブローチは帯留として使いやすいです。丸い形は三分紐に付ける時に安定するからです。
付け方はこちら(2015年8月2日の記事)

古いきものとブローチ。偶然にも同じ頃に母が身に付けていた2つの物に向き合った6月でした。

 

7.短い掛け衿

刷毛目模様のきものは着心地は良かったものの、掛け衿が問題でした。

_MG_4671

短い掛け衿が目立っています。

 

16071004

母は衣紋を抜かずに着ているので掛け衿に不自然さはありません。
アンティークきものを着る時は、掛け衿の長さにも注意して、それに合う着付けをすることが必要だと反省しました。

 


この記事に対するコメント

2 Comments on "「透けない夏きもの」と「デルフト陶器の帯留」"

avatar
Sort by:   newest | oldest
みやこどり

現代絵画を思わせるような、むしろ、大胆でモダンな柄と拝見しました。赤や薄紅の帯が引き立つ色柄ですね。鳴門や浦賀など、海の大きな渦を抽象にした夏の柄としてお祖母さまが染めを選ばれたのではないかと想像して楽しくなりました。

wpDiscuz