青海波(せいがいは)文様・絞りのきもの


_MG_6989

今日は40年間着ている絞りのきものを紹介します。

1.青海波文様の絞り

①青海波文様とは

同心の半円を連ねた波形の模様です。誰もが一度は見かけたことがあるポピュラーな模様ですね。

_DSC3235
△ 風呂敷

_DSC3227
△ 鮫小紋(さめこもん)*の風呂敷

*鮫小紋…江戸小紋のひとつで、鮫の肌のように見える細かい型染めのこと

②青海波文様の意味

「青海波文様」は、雅楽「青海波」の装束の文様から名前をつけたといわれています。古代ペルシャが起源で、シルクロードを通り、中国から日本に渡ってきたそうです。

_DSC3405
△ 手拭い

日本では「大海原に絶えず繰り返される穏やかな波」を表し、平穏な暮らしがいつまでも続くことを願う吉祥文様です。季節は問いません。

③好きな若草色

10代の頃の私は太っていることを気にして、きものは膨らんでみえる赤やピンクなどを避けて選んでいました。

選ぶのはブルー系やグリーン系。この着物を作ってもらう時も、絞りが施されて小さく縮まった白生地がどのようにして着物になるのか不思議でしたが、とにかく好きな若草色を選びました。

 

_MG_7000

ピンク系にしなかったことで、のちのちまで着られたわけですが、その頃は自分が年を取ることなんてもちろん想像していませんでした。

 

2.過去の写真

私にとって”青海波の絞り”は特別に大切なきものだったので、懐かしい思い出と共に写真も残っていました。そのうちの数枚をご紹介します。

①10代

_MG_7619
△ 京都にて(15歳)

まだ肩揚げをしていました。袖丈も1尺8寸(68.4cm)と長めです。

②20代

_MG_7623
△ 京都にて(20歳)

_MG_7626
△ 20代後半

③30代

_MG_7624
△ 娘のお宮参りの日

④40代

_MG_7625
△ 御茶会に

 

3.50代で着る

昨年、久しぶりに着てみました。

_MG_6962

_MG_6977

帯は花菱(はなびし)に4枚の葵(あおい)、葡萄唐草が織り出された唐織りです。単色とはいえ若草色は明るいので、それを落ち着かせるような色の帯を選びました。

 

_MG_6983

帯揚げは帯の中のピンク系に、帯締めは着物のグリーン系に合わせ、統一感が出るようにしました。

 

_MG_7001

ハンドバッグは母のお下がり。着物の色に合わせた昭和の雰囲気のものです。

 

IMG_0539

浅草公会堂での歌舞伎見物です。友人の帯も20歳の頃の物だそうです。二人とも気分は一気に若返りました。

 

4.絞りの着物の弱点

絞りのきものは手入れがしにくいといわれます。

着物をほどいて反物の状態にして洗い、もとの風合いや光沢に戻す手入れ方法を「洗い張り」といいますが、絞りは水に浸すと戻ってしまうので、それができません。丸洗い(ドライクリーニング) しかできないのです。

染み抜きも他のきものより高度な技術を要すると聞いたことがあります。

とは言うものの、私はこの着物で京都旅行を2回していますし、気楽なお出かけ、食事会などにも着用していて、今まで特に問題はありませんでした。

 

_MG_7769

思い出がいっぱいの”青海波の絞り”…今後も大切に着たいと思っています。


2
この記事に対するコメント

avatar
1 Comment threads
1 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
1 Comment authors
Motochiyoriゆきまる Recent comment authors
newest oldest
ゆきまる
ゆきまる

初めまして。最近着物デビューして分からないことを調べているうち、こちらのサイトにたどり着きました。
20代のころから大切に着ている着物って素敵ですね、服にはない醍醐味だと思うと共にこんなに大切に愛して貰った着物は幸福者だと、感動しました。
私は40の手習いで初めましたので、そんな着物はありませんが、あなたのように着物を大切にしたいと思います。

ステテコも参考になりました、ありがとうございます。また遊びにきます!