着物の暑さ対策! ステテコレビュー


_MG_2532

今日は暑さ対策下着として、ステテコを取り上げます。

 

 

1.ステテコに用いられる生地・「楊柳」(ようりゅう)

_MG_2533b

ヨコ糸に強撚糸(きょうねんし)を用いて、布面にシボを出した綿織物を「綿クレープ」又は「ちぢみ」といいますが、その中でタテ方向にシボを出したものが「楊柳」です。

柳の葉を重ねたようなシボがあるので、そのように呼ばれているそうです。

汗をかいても肌に密着しないため快適なことと、丈夫で洗濯してもシワになりにくいことが特長です。

 

2.タイプA:和装下ばき婦人物ステテコ クレープ生地

_MG_2523

_MG_2526

_MG_2527

_MG_2528

和装下ばき婦人物ステテコ クレープ生地 綿100%楊柳」1944円(税・送料込)
これは従来型、裾が広がったタイプのステテコです。

 

3.タイプB:キョウエツ ステテコ 白レース付き

_MG_2530

_MG_2531

_MG_2533

_MG_2532

キョウエツ ステテコ 白レース付き 楊柳生地 通年」2200円 (税・送料込)

こちらは裾にゴムが入っていて、レースがあしらわれている点が特徴です。

 

4.着用してみる

①タイプA

_MG_2739

股上が深めなので、少し下げ気味に着用しました。足袋の上あたりまで丈があるので、長襦袢無しでも大丈夫そうです。

②タイプB

_MG_2743

股上は浅めです。伸ばせば丈は下まであります。着ているうちに少し上にあがりそうですが、ゴムの締め付け感はありません。レースが可愛く、着物の下着としては新鮮な感じです。

 

5.AとBを比較する

A、B共に1度洗濯してから比べました。

①生地

image

Aの方が若干薄いです。

②肌触り

Bはシボが立っているため、Aの方が柔らかく感じます。

③股上

_DSC3165

股上はAの方が深いです。

④丈と幅

_DSC3167

写真ではBが長く見えますが、実際に着てみるとABともに私(身長155cm)には充分な丈があります。

 

_DSC3166

幅は下に置いたAの方がたっぷりしているので、どんな体型の人にも合いそうです。

⑤ウエストのゴム

ABともほとんど同じでゆったりしています。

⑥涼しさ

通気性の点では、下が開いているAの方が通気性が良く涼しいようです。ただし、汗をかいた時はシボが立っているBの方が肌にくっつかず良いかもしれません。

⑦動いてみて

どちらも肌にさらっとあたるので快適です。ただし、Bに関しては、足首のゴムとレースの感触が初めてなので、着ていて少し意識してしまいました。慣れの問題かもしれません。

⑧トイレの時

〈ウエスト部分に関して〉
Bの方が股上が浅いので着脱が楽でした。
Aの場合は下げ気味に履くのが良さそうです。

〈足首部分に関して〉
Aは裾が広がっているので、床につかないように注意する必要があるようです。
少し気を遣います。Bは大丈夫でした。

⑨浴衣では

若い女性の浴衣姿で、時々足が透けてしまっていることがあります。

A、Bのステテコを履けば大丈夫です。

 

_MG_2730

_MG_2729

Aのステテコを着用し、白地の浴衣を着てみました。透ける心配はありません。短い浴衣スリップや、裾部分が長くてもポリエステル素材の着物スリップを着るより、このステテコの方が着心地が良く安心だと思いました。

 

6.感想

AB共に夏に役立つ下着だと思いました。

Bのレースタイプは商品説明に「通年」とあります。楊柳生地のシボに空気をためるので、保温効果もあるようです。一枚あると通年使えて便利かもしれません。


この記事に対するコメント

2 Comments on "着物の暑さ対策! ステテコレビュー"

avatar
Sort by:   newest | oldest
梓弓

着物用のステテコということで、
興味を持って拝見しました。

今回のステテコに限らず、和装は素材と機能が合致していて、
素晴らしいなと感じました。
特にタイブBは足首が窄まっていて、
フリルがついているのがお洒落だなと個人的に思いました。

これからの季節に、有用ですね!