下駄の補修に挑戦


_DSC2336

今日は欠けてしまった下駄を直そうと苦心したリポートです。

1.欠けた鎌倉彫の下駄

_DSC2339

娘に貸したら駅の階段にぶつけてしまい、下駄の先が欠けてしまいました。

 

_DSC2333

かなり深くえぐれています。

何とか自分で直そうと思いました。

 

2.補修の材料

補修のために準備したのは以下のものです。

①穴埋め用パテ
_DSC2330

リンク:公式URL

②紙ヤスリ
_DSC2341

リンク:Amazon.co.jp

③新うるし
_DSC2261

リンク:Amazon.co.jp

 

3.補修に初挑戦

①パテで欠けた部分を埋める

_DSC2340

2層になっているパテを練ってから欠けた部分に埋めます。そのあと紙ヤスリをかけて平らにしておきます。

②新ウルシを塗る

_DSC2261

新ウルシの色は紅溜(ベニダメ)を選びました。

ところが……

 

_DSC2342

塗ってみたところ、なんと色が合っていません! 紅溜が予想より黒みがかっていたことと、パテが灰色だったのでさらに濃い色になってしまったようです。 色を選ぶのは難しいです。

これでは失敗です(>_<)

悩んでいると、「紳士靴のストレートチップ*みたいに先端だけ塗ってしまえば?」と息子が一言。

*ストレートチップ……靴の先端部に切り替えがある様式

「下駄でそんなデザインはあり得ないのに……」と思いつつ、とにかくやってみることにしました。

③下駄の先を新ウルシでぬりつぶす

_DSC2343

テープを貼ってはみ出さないように塗りました。

 

補修に失敗した左はすこしムラのある仕上がりになってしまいました。

④良く乾かし終了

_DSC2381

何とかこれなら履けるかもしれません。

 

_DSC2380

こんな下駄は見たことがありませんが、履いてしまえばあまり目立たないかも…と気楽に考えることにしました。

 

4.履いてみる

①紬のきものに

_MG_1517

_MG_1516

前つぼの色と新ウルシの色が合っているので、これもありかも……?

②やわらかい小紋の着物に

_MG_1604

「前回」の記事2-②でご紹介した義母のきものと羽織に合わせてみました。

 

_MG_1635

下駄ときものの色が似ているので、ごまかせているようです。

 

_MG_1622

下駄は草履より地面から上がっているので、きものを長めに着ても安心です。これは私が下駄を好む理由のひとつです。

 

5.きものについて

義母が遺したこの着物を良くみると……

_MG_1625
_MG_1632

古典的で大きな地紋の上に黒でモダンな柄が摺(す)り染めされているようです。

生地は大変柔らかく、かなり古いもののようです。地紋の大きさから考えると、若い頃着ていた無地の着物を染め直したのではないでしょうか。昭和時代のモダンな柄と地の古典模様の組み合わせが面白い着物です。

以上のように、下駄の補修は新ウルシの色選びを間違えた為に失敗しましたが、何とか下駄を無駄にせずにすみました。

鼻緒が派手なので娘に譲ろうと思っていた下駄ですが、紅溜色で落ち着いた雰囲気になったので、また自分で履こうかと思っています。


6
この記事に対するコメント

avatar
3 Comment threads
3 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
2 Comment authors
みやこどりMotochiyorispring*梓弓 Recent comment authors
newest oldest
梓弓
梓弓

息子さんのアドバイス、
サイコーでしたね!!
かえって、お洒落な感じがします。

Motochiyoriさんは、本当にモノを大事にしているなあと感心します♪

ちょっとしとた手を加えることで、
気持ちが乗ってきたり、
大事にできたりする。

いろんなことに応用できる、
魔法ですね(^^)d

spring*
spring*

Motochiyoriさんは色々と工夫して楽しみながら、思い出とも親しみながら自然体で着こなしておられて素敵です。

きっとその姿を娘さん方もご覧になって、物を大切に受け継がれていくことでしょうね。見習いたいと思います。

みやこどり
みやこどり

爪紅ならぬ爪溜の下駄。ほかの部分と色が合うためか、こんなデザインが昔からあるかのように馴染んだ景色ですね。傷のつきやすい下駄、こんな風に洒落た補修で長く使うのが素敵だと感じました。