刺し子の帯


_DSC0392

今日は木綿の刺し子の帯を紹介します。

1.刺し子とは

綿布を重ね合わせ、一面に細かく刺し縫いにすること。またはそのようにして縫われたものをいいます。
保温と補強のために刺したのが始まりとされています。

 

2.残された帯地

_DSC0416

これは今から30年ほど前、趣味で刺し子をしている方から頂いた帯地です。以前ご紹介したことがある「絽刺し」刺繍もしていた方の作品です。(2014年11月29日の記事)

 

IMG_0359
▲ 絽刺しのセカンドバッグ

しかし、この刺し子の帯地は帯になれないまま時が経ち、作った人も、もらった母も遠く旅立ってしまいました。

今年になって初めて反物をひろげて見てみると、端から端まで隙間なく刺し子が施されていました。つまり全通(ぜんつう)*の帯地です。

*全通…帯の柄付けの種類。最初から最後まで帯全体に柄があるものをさします。

刺し子の柄をよく見てみましょう……。

 

3.さまざまな刺し子

刺し子には伝統的な模様だけでも40種類ほどあり、それぞれ名前が付けられています。調べてみると、この帯地にも約10種類の模様がありました。

①七宝つなぎ

_DSC0394

裏側
_DSC0424

②麻の葉

_DSC0395

裏側
_DSC0424b

③紗綾形(さやがた)

_DSC0396

裏側
_DSC0412

④毘沙門亀甲(びしゃもんきっこう)

_DSC0397

裏側
_DSC0412b

⑤柿の花

_DSC0398

裏側
_DSC0413

⑥籠目(かごめ)

_DSC0399

裏側
_DSC0414

⑦枡刺し(ますざし)

_DSC0400

裏側
_DSC0412c

⑧紗綾形

_DSC0401

裏側
_DSC0412d

⑨枡刺し(?)

_DSC0403

裏側
_DSC0412e

⑩紗綾形

_DSC0404

裏側
_DSC0414b

⑪花刺し

_DSC0406

裏側
_DSC0414d

⑫紗綾形

_DSC0407

裏側
_DSC0414c

⑬段つなぎ

_DSC0409

裏側
_DSC0412f

裏側を見ると刺し子の大変さがさらに伝わってきますね。このように4m近くの帯地に一針一針刺した人の気持ちを考えると、もうこのまま放置しておくことなどできません。

帯を仕立てることにしました。

 

4.刺し子の作り帯

名古屋帯にすると隠れる部分が多くなり、せっかくの刺し子がもったいないので、二部式の作り帯にしました。二部式の帯にすると胴の巻き方を変えたりお太鼓の位置をずらせるので、さまざまな模様を表に出せるようになります。

以前名古屋帯を何本か「作り帯」にリメイクしたり、名古屋帯を仕立てたので、その時と同じように作りました。

過去の記事:
2015年5月16日
2015年6月28日

ただし、今回は薄い木綿地なので芯を入れて作りました。また、黒に染められた生地なので、湯通し*もしました。

*湯通し…生地を水に通すことで糊と余分な染料等を落とす作業のこと。生地の風合いがよくなり、生地の歪みやカビの防止にもなります。

出来上がりはこれです。

_DSC0509

 

5.柄を楽しむ

お太鼓部分

この帯は柄に上下がないので、二部式になると次のように柄を出すことができます。

_DSC0501

_DSC0502

_DSC0503

_DSC0506

[胴・前の部分]

前の柄は次のように柄を出すことができます。

_DSC0486

_DSC0487

_DSC0490

 

6.きものに合わせてみる

木綿のきものに合わせてみました。

_DSC2045

茜絞りのきものに

 

_DSC2043

紫根絞りのきものに

 

_MG_9233

鰹縞(かつおじま)*の久留米絣に
*鰹縞……カツオの体の色が背から腹にかけてだんだん薄くなるように濃い色から薄い色に変化する縞織りのこと

 

_MG_9234

_MG_9255
長い年月眠らせてしまった刺し子の帯ですが、これからはいろいろなきものと合わせていこうと思います。

 


この記事に対するコメント

4 Comments on "刺し子の帯"

avatar
newest oldest
梓弓

刺し子の帯、素敵ですね~!
手がこんでいて、一針にこめた愛情が感じられます。

それに、鰹縞の着物の青のグラデーションが美しいです。
こういうポロシャツかジャケットが欲しいなと。

この二つが出会って、更に美しさが倍増です。
そして、motochiyoriさんの後姿もナイスです(^o^)/

みやこどり

刺し子の全通を色々な柄だしできる作り帯に!写真拝見すると、本当にあちこちの柄が生きて、刺し子をされたかたのお気持ちが隅々まで活かされるものですね。冬眠?していた布が、一度に我が世の春を得たような。
木綿製のものは、空気と湿度をほどよく含んで、意外に暖かいと思います。秋冬のとても凝ったカジュアル帯。ぜひ間近に拝見したいものです。
枡ざし、柿の花など、あるあるなれども知らなかったパターンの名前も教えて頂きました。