はじめに


みなさん、きもの、着ていますか?
わたしは、亡き母が残した着物を通して改めて母と語り合い、
昔の日本女性の心を理解したいと思う50代の女性です。

4年前に80歳で亡くなった母は、
私が幼い頃から家でも着物の生活でした。

すでに昭和40年代の東京では、
幼稚園の送り迎えに和服の人は少なく、
夏の学校参観日にも着物姿のお母さんは珍しい存在でした。

そんな母の着物の膝で育った甘えん坊の末娘である私は、
自然と着物好きになりました。

「お誕生日は何が欲しい?」と聞かれると、
迷わず「おべべ」と答えていた子だったそうです。
(おべべ=着物を意味する幼児語)

_MG_2870
◇母に抱かれる生後6ヶ月の私◇

いくつか和のお稽古事をしながら育った私ですが、
着物に対してそれほどの執着もなく、
日常は洋服中心の生活で過ごしていました。

しかし、子育が一段落し両親を見送り気付いたら50代……
実家に大量に残された、
母の着物や帯たちと向き合うこととなったのです。

 

日本には、
まだまだ沢山の着物が眠っていると言われています。

母や祖母から着物を受け取った方、
着物が好きだけど、どうつきあって良いのか分からないという方と、
是非一緒に、着物について考えてみたいとおもいます。

みなさんも、きもの、着てみませんか?

 

 


この記事に対するコメント

10 Comments on "はじめに"

avatar
Sort by:   newest | oldest
みやこどり

そんな訳で、着物。
ワタシもはまって、母、伯母、祖母のもの、少しでも活用したく、ご指導楽しみに拝見。
小物=古物も、気づけば結構出るものですね。

ムトヤン

お母さんの着物を娘が着る、
そして、日本の美しい文化が伝えられていくということを、
まさしく目の当たりにした感じでした。

お母さんへの愛情と着物へ向き合う心の豊かさに感心しました。

まりりん

洋楽の私も、オペラの為
花柳流を研修いたしました。
また、コンサートも着物の時もございます。このMotochiyoriさんのホームページはとても楽しみです。毎週楽しみにしておりますね。

えつこ

FBから拝見させて頂きました。
93歳で母は健在ですが母親の包容力を秘めつつ幼子の稚児のような可愛い人に戻っていきました。
そして今も優しい眼差しで迎えてくれて居ます。
距離を置いての今の環境を感謝し着物をいつくしみたいと感じている日々です

wpDiscuz