ムガシルクのきもの


_MG_7091

先日、ムガシルクのきものを着てみましたので、ご紹介します。

1.ムガシルクとは

①インド産

インドのアッサム地方に生息する野蚕(やさん)*の一種である<ムガ蚕(かいこ)>からとれる、黄金色に輝く最高級絹糸、またはその織物をさします。

「ゴールデンシルク」、「シルクの宝石」とも言われます。

*野蚕…家蚕(かさん)に対する言葉で、山野などに自然に生息している蚕をいい、野生の植物を食べます。

②特徴

  • 糸は軽くて強い
  • 輝きは褪せることがない
  • 多孔質(表面に小さい穴がたくさんあいている)であり、自然の温度調節機能を持ち、紫外線を遮断するUVカット効果も高い

③希少性と色

ムガ蚕は限られた谷や丘にしか生息せず、アッサム地方特産のsomやsoaluという木の葉を食べて育ちます。

それが独特の黄金色の糸となりますが、生産量はきわめて少ないそうです。1kgの糸を得るためには約5000個の繭が必要とされます。

サリーや婚礼衣裳の素材として数百年にわたって使われて来ましたが、もともと絹の中でも最も強く、金色が褪せないので、何代にもわたって大事に受け継ぎ着続けたと言われています。

18042101
△ムガシルク

画像出典およひ本文の参考資料:成田典子(2012)『テキスタイル用語辞典』テキスタイル・ツリー

 

2.織の帯を合わせる

_MG_7077

「ゴールデンシルク」といっても、紬の無地と変わりはないので、洒落帯風の織の帯を合わせてみました。

 

_MG_7079

帯の主張は強いようです。

 

_MG_7133

黄金色に合わせて…

 

_MG_7089

帯にも金糸が織り込まれています。

全体に統一感を持たせるために、帯揚と帯締は同系色にしました。

 

3.染め帯を合わせる

_MG_7905

ベージュの紬には少しポップな柄の染帯を合わせたくなります。

 

_MG_7902

明るく軽快な感じです。お太鼓も小さめにしてカジュアル感を出しました。

 

_MG_7911

白山紬(はくさんつむぎ)の白生地を使用した名古屋帯です。

 

_MG_7918

遠くからは水玉に見えますが、麻の葉文様です。

 

_MG_7919

きものの裾に模様が無いときは草履の前ツボの赤が効きます。

 

4.ムガシルクを着てみて

①室内で輝くムガシルク

今までご紹介した写真は太陽光の下で撮ったものですが、ムガシルクの輝きは室内のほうがよく分かります。

_MG_8009

室内で撮影(フラッシュ使用)

 

_MG_8005
△生地拡大

母が晩年ムガシルクを着た写真がありました。

18041902
△ 私と国立劇場ロビーにて

唐織の帯を締めています。

 

18041901

多色使いの洒落袋帯を合わせています。
(この帯は2018.4.8の記事で紹介しています)

いずれも室内で撮られた写真で、フラッシュを使用していることもあり、かなり光って見えます。

そばにいる時はこれほど強くは感じませんが、当時の私は照明の具合で着物が時折放つ輝きに、「母好みの地味な色なのに、ずいぶん華やかな紬だな」と不思議に思っていました。

②手触り

ムガシルクは、「輝き」という表現が使われますが、「光沢」を使うとしたら、それは少しザラっとした紬の光沢で、手触りはシャリシャリしています。

ただ、しなやかさもあるので突っ張る感じはありません。着用中は絹特有のなめらかさを感じることが出来ました。

③軽さ

袖を通してみて驚いたのは、ふわっと軽いことでした。

見た目ではどちらかと言うとどっしりしたイメージでしたが、着てみると単衣の着物のように軽いのです。

 

_MG_7999

多孔質であるという特性が着心地に反映されているようです。

着ていて軽く感じる大島紬より軽いです。実際に計ったところ、大島紬は800g、ムガシルクは700gでした。

ムガシルクのきものはカジュアルにも、少しあらたまった装いとしても重宝で、4~5月、10月の汗ばむ季節でも心地よく着られるきものだと実感しました。

 


この記事に対するコメント

avatar